2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ゲームセンターによく置いてある、クレーン人形ぬいぐるみやら馬鹿でかいお菓子やらの景品を掴むプライズゲーム。最近では国際空港で小銭を余らせた外人の間でも流行っている。
商品名としては1985年よりセガが発売するクレーンゲーム筐体のブランド名である。

名称について

本来「UFOキャッチャー」はセガの登録商標なのだが、クレーンゲーム全般をこう呼ぶ場合も多い。
ナムコクレナフレックス等セガ以外の会社のクレーンゲームにも独自に名前はついているが、ブームの火付け役となった機種がこのUFOキャッチャーであったことが起因する。1990年代までテレビゲームファミコン呼ばわりするのと同じ背景で、プリクラウォークマンなどと同じく、一般化した商品名である(余談だが、プリクラもセガの商品名である)。

歴代筐体

UFOキャッチャー
1985年登場の初代機。

UFOキャッチャーDX
1987年登場のマイナーチェンジ機。さらにマイナーチェンジしたDX2も存在する。
なお、稼働当初は電源オフ時のアームの移動に関するバグが存在し、1990年頃に基板交換によるアップデートがされるようになった(アップデート版の大半はちびまる子ちゃんのテーマ曲が流れる)。

NEW UFOキャッチャー
1991年発売の機種。初のフルモデルチェンジ。初代ソニックのBGMが流れる機種(ROM交換により別の曲に差し替えられている場合がある)。
そのため、一番耳にされたドリカムの曲はこの機種のBGM、といわれることもある(厳密には作曲者は中村正人だが)。
現在もそれなりに現役で動いているNEW機が存在する。
NFLコラボの機種も存在する。

UFOキャッチャーEX
1994年発売の機種。アームに電光表示がつき、顔が表示される。なお、残り回数表示やエラー表示もアームを使用する。また、景品の獲得・非獲得を判定する超音波センサーを搭載したり、アームの爪がプラスチックだったりと本機種独自の仕様があるが、それが仇となって故障が頻発しやすく、従来の仕様に近づける改造を行う店舗もあった。

UFOキャッチャー21
1996年発売の機種。アームの顔がなくなるなど、EX機で改められた仕様から旧来の機種の仕様に近づいたが、景品獲得判定のセンサーは赤外線式に変更された。

UFOキャッチャー800
1998年、景品の上限価格が800円に改正されたのに合わせ、大型景品に対応した機種として登場。名前はもちろん景品の上限価格にちなむものだが、景品の重量も800gまで対応するという意味も込められている。

UFOキャッチャー7
2001年に発売された機種。クレーン降下を途中で止める機能がオプションで追加できるようになった。
大型景品対応版のMAXエディション、マイナーチェンジ版のセカンドも存在する。
NEW機と同等か、それ以上に普及したためか発売から20年以上経過した現在でも現役で動いてる機種が存在する上に、オンラインクレーンゲームでも主力の機種として活躍が続く。
この機種が普及した理由としては、90年代に普及したNEW機の発売から10年経過、それ以前の初代機だと16年経過しており、それらの置き換えの需要や、クレーンゲームがビデオゲームに代わりゲームセンターの主要事業と化し、規模が拡大していることが考えられる。
なお、この機種以降ナンバリングが通常になる。

UFOキャッチャー8
2008年に登場した、ナムコ版クレーンゲームクレナフレックスを参考に開発され、自由度が高まった。
省エネ版のセコンドが2011年に発売されている。

UFOキャッチャー9
2014年に登場した寄付で、液晶モニターを採用した現行機種。

UFOキャッチャートリプル
超大型の3本アームの機種。UFOキャッチャー9をベースに開発されている。

関連動画

懐かしのUFOキャッチャー音楽を味わおう【基板音源とのズレも検証】


UFOキャッチャーの音楽が懐かしすぎた【基板でゲーセン音風景を再現してみた】


今でも残るレトロUFOキャッチャー&ドリームキャッチャーの音楽を味わってきた【養老ランド】


令和にNEW UFOキャッチャーが○○台もある屋上遊園でレアBGMも味わってきた


CV部による、高橋李依増田俊樹が景品のぬいぐるみに声をあてた動画


関連タグ

貯金箱 ゲーセン/ゲームセンター クレーンゲーム

キャッチャーリガニー:『魔進戦隊キラメイジャー』に登場する、UFOキャッチャーをモチーフにした邪面獣

関連記事

親記事

クレーンゲーム くれーんげーむ

pixivに投稿されたイラスト pixivで「UFOキャッチャー」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「UFOキャッチャー」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2449365

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました