2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

アタック25

あたっくにじゅうご

『パネルクイズ アタック25』。朝日放送テレビ(ABCテレビ)制作のクイズ番組。パネル25枚を取り合う。
目次[非表示]

パネルクイズ アタック25』は日本の視聴者参加型クイズ番組である。1975年4月6日から2021年9月26日まで、朝日放送→朝日放送テレビが制作し、テレビ朝日系列フルネット24局で毎週日曜日13:25-13:55に放送されていた。
2022年3月からは、タイトルを「パネルクイズ アタック25 Next」と変更し、BS局BSJapanextで毎週日曜日13:00-14:00に放送されている。

概要

ABCテレビ及びテレビ朝日の長寿番組のひとつ。2018年4月1日付で朝日放送株式会社が認定放送持株会社に移行、同日以降の放送は朝日放送テレビ株式会社の制作となった。
5×5の25個のパネルを4人の解答者がオセロ形式で奪い合うことで優勝者を決定する。

初代司会者の児玉清氏のアタックチャンスの掛け声が有名になった(アタックチャンスは30分番組となった1975年10月2日放送分で初登場)。

ABCテレビの制作番組の中では、先に始まった前座番組『新婚さんいらっしゃい!』と共に日曜昼の名物となっていた。

歴史

この番組が始まる1年前の1974年4月7日-1975年3月30日、児玉清氏が司会を務めた視聴者参加型クイズ番組『東リクイズ・イエス・ノー』→『5人抜きQ(クイズ)・イエス・ノー』を、東洋リノリューム(現在の東リ)一社提供の下、毎日放送(MBS)がNETテレビ(現在のテレビ朝日)系列で放送していたが、視聴率の低迷と1975年3月31日に行われるABCとMBSのネットチェンジのため終了した。

東リが児玉司会による一社提供番組をABCでも継続して制作・放送することを希望したため、新番組『アタック25』が登場した。
児玉は司会続投に難色を示したが東リ側の要望もあって了承、一部の系列局では制作局が異なるものの東リ提供・児玉司会の番組の放送が継続した。

放送開始にあたり、とあるABCのスタッフが子供にオセロゲームを買ったことからこの企画が生まれた。
その後放送時間内にすべての面が埋まり、海外旅行獲得クイズに挑戦できると仮定し、何枚の面で行うのかを試行錯誤の末に出した結論が25枚だった。
赤・緑・白・青の色を使うことを決めたが、1975年当時白黒テレビが残っていたためにスタッフやスポンサーから難色を示された。
しかし初代プロデューサーの三上泰生(当時はABC第二制作部長)が「テレビは将来カラーになる」と説得して回ったため実現した。

1997年4月に全国ネットのクイズ番組で最長寿となり、2012年6月にはこれまでローカルを含むクイズ番組最長寿記録だったCBC『天才クイズ』(1967年7月26日-2004年9月25日)の37年2か月を抜き、日本のクイズ番組最長寿の完全新記録となった。
2016年10月22日公開の映画『バースデーカード』で、初めてこの番組が映画に登場した。司会の谷原章介も本人役で登場した。

しかし2021年9月をもって46年間続いた地上波での放送を終了。
2022年3月に新規開局したジャパネットたかた系列のBS局、BSJapanextで再スタートを切った。ジャパネットたかたは地上波時代のスポンサーの1つであり、番組はBSJapanextと朝日放送テレビの共同制作となった。

出演者

司会者

  • 初代:児玉清(1975.4.6-2011.4.10)
  • 2代目:浦川泰幸(2011.5.29-2015.3.29) - ABCアナウンサー
  • 3代目:谷原章介(2015.4.5-現在)

初代司会者の児玉は、番組開始から36年間、1793回にわたって司会を務めた。これは日本のテレビにおけるクイズ番組で史上最長である。
児玉は1984年10月14日・10月28日放送分は、腹膜炎による入院で欠席、その回は板東英二が代役を務めた。
2011年4月7日以降、児玉が肝機能障害で入院・治療に専念することを表明し、ABCアナウンサーの浦川が代役を務めた。同年5月16日に児玉が胃がんのため逝去、これにより同年5月29日放送分より浦川アナが正式に2代目司会者となった。
2015年3月29日放送分をもって浦川アナが卒業、同年4月5日放送分から放送40周年のリニューアルに伴い、児玉と親交が深かった俳優の谷原章介が3代目司会者に就任した。これに合わせ、番組ロゴ・セットをリニューアル、BGMのアレンジも新しくなったほか、早押し・パネル獲得時のSEの余韻が短くなった。
BSJapanextへの移行後、2022年5月~7月については谷原が舞台出演のため、フリーアナウンサーの石井亮次が代役を務める。

出題者

女子のフリーアナウンサーが務めていた時期があったが、2009年4月5日放送分からABCアナウンサーの加藤明子が読み上げを担当して以降、地上波放送終了まで、ABC→ABCテレビの女子アナウンサーが務める。また1976年4月4日放送分から1980年3月30日放送分までは当時ABCアナウンサーの中村京子氏が務めた。
BSJapanextに移行してからは、地上波で10年間読み上げを務めた、フリーアナウンサーの沢木美佳子が、再び担当している。

関連記事

親記事

朝日放送 あさひほうそう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 380185

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました