ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ザ・ハングマン

ざはんぐまん

朝日放送製作の人気ドラマシリーズ。1980年~1987年までに全6シリーズ(カウント方法によって7または8シリーズという解釈もある)が放送された。
目次 [非表示]

顔を変え、指紋を消し、戸籍を抹消した人間達

(この設定は初作のみで、故・森山周一郎氏のOPナレーションより抜粋)

概要編集

朝日放送および松竹芸能製作・テレビ朝日系列局ほかにて1980年から1987年にかけて放送されたテレビドラマシリーズ。


「闇の死刑執行人」ハングマンが、彼らの雇い主である「ゴッド」の指令で、法の目をかいくぐる犯罪者の悪行を白日の下にさらし、社会的制裁を加えるというストーリー。


同局の必殺シリーズの現代版という位置付けであるが、こちらは黒幕に犯行を自白させた上で最終的な裁きを法に委ねる社会的な死刑執行を行う点が異なる。序でに両シリーズの朝日放送PDは山内久司(残念ながら故人)が担当した。



※ちなみに必殺シリーズの特別番組にも京都を舞台とした現代版(1982年放送)があるが、ハングマンと異なり実際に殺している


シリーズ編集

Wikipediaを参照。


登場人物編集

「1」と「2」はほぼ同じメンバーのため出演期間も長くなるが、とくに名高達郎(現・名高達男)は「1」の前期(燃える事件簿)・「5」・「GoGo」以外の全シリーズに登場している。また植木等佐藤浩市、さらにハングマンの一員ではないが三島ゆり子も複数のシリーズに登場している。

なお、この4人が全員揃うのは「4」だけである。

名高達男は6の途中に諸事情で降板、残放送分は主役を渡辺徹に交替し「ハングマンGO!GO!」と改題し、凌ぐが、皮肉な事に「ハングマンGO!GO!」はシリーズ最終作となってしまった。


脇役・悪役編集

主要キャストも脇を固める俳優陣もその多くが映画俳優出身で、「新」でゴッドの代理人として登場する平田昭彦と「5」で同様の役で登場する土屋嘉男など、特撮ファンにお馴染みのメンバーもいる。

また悪役側も同様だが、ほぼ同時期に放送された西部警察では刑事役だった俳優(藤岡重慶小林昭二など)がハングマンでは悪役という回が複数存在する。


スタッフ、制作スタジオ編集

後に映画監督となる三池崇史が演出助手として参加している。制作スタジオは第1~5シリーズが日活撮影所、第6・7シリーズは国際放映撮影所(現在のTMC砧スタジオ)で、第1シリーズの後期エピソードでは同じ日活撮影所で収録されていた西部警察の西部署捜査課のスタジオセットで撮影されたシーンも見られる。


登場車両編集

第1シリーズはマツダ、第2シリーズは日産、第3シリーズ以降はトヨタ、とシリーズごとに使用するメーカーが異なる。また一部メンバー・放送回では他社車両や輸入車(フォードマスタングシボレーコルベットなど)を用いることがある。


第3シリーズ以降の名高達郎の使用車両はすべてトヨタ・ソアラであり、中でも「4」で使用した赤いタクシー仕様は放送から30年以上過ぎてもなお一部で人気が高い。


また、「新」の山城新伍は当初トヨタ・コロナに乗っていたが、当時マツダ・ボンゴのCMに起用された影響からか途中からフォルクスワーゲン・ビートルの改造車に乗り換えている。


また「GoGo」で一度だけセリカGT-Fourが登場する回がある。

関連記事

親記事

朝日放送 あさひほうそう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11776

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました