ピクシブ百科事典

死刑執行

しけいしっこう

文字通り処刑すること。また、ドラマ「ザ・ハングマン」における自白を迫る行為。
目次[非表示]

概要

死刑囚死刑執行処刑)する事。
死刑囚が万が一にも死ななかった場合、再執行は行われない事が多い。

「ザ・ハングマン」での「死刑執行」

1970~80年代に放送されていた刑事ドラマ「ザ・ハングマン」シリーズにおける「死刑」とは「極悪人たちの罪状を指弾することで、社会的に抹殺する行為」を指す。
したがって、劇中における死刑執行も本来のそれとはまるで意味が異なり、ハングマンが、捕らえた悪人たちに猛獣責めや水責め(実際にはVRだが)を行い、彼等を「自白するよりほかない状態」にいたらしめることを意味し、どちらかといえば、江戸時代における拷問が近い。ただしハングマンによる「死刑執行」は、良心の呵責による精神的苦痛を与えるものである点が拷問とは異なる(実際、執行されても悪人たちは生きている)。
「処刑」された悪人たちはなぜか箱詰めにされ、警察署に送られるのがお決まりのパターン。

ちなみにハングマンとは文字通り「死刑執行人」という意味。

関連項目

はじめの一歩・・・作中で「死刑執行」という名前のタイトルマッチが登場し、「試合開始」を「処刑」と呼んでいた。

テレビ朝日/ANN・・・前述の「ザ・ハングマン」を放送していた放送局。

pixivに投稿された作品 pixivで「死刑執行」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4217

コメント