ピクシブ百科事典

凌遅刑

りょうちけい

最も残酷な死刑の方法の一つ

メイン画像はイメージです。

中国でかつて行われていた処刑の方法の一つ。
見せしめも兼ねているため、おそらく世界で最も残酷死刑の方法の一つである。

よって、そういう事が苦手な人は、概要を読まずにブラウザバックすることをお勧めする




































概要

「凌遅刑」とは、まだ生きている罪人の肉を少しずつ切り落とし、長時間にわたって激しい苦痛を与えたうえで死に至らす刑罰である。
(苦痛を長引かせるという点では、日本の刑罰で言えば「鋸引き」に近い。)
その際に出る人肉漢方薬にする事からしても、本来は、死体に対する追加の刑罰(「獄門」とかと同じ)として存在した刑罰が、生身人間に適用されたものと思われる。
その残酷な手法からして、復讐としての手段であると同時に、ギロチンなど同様、恐怖政治の道具としても用いられたようである。
地味に清朝末の1905年までは存在していた。

pixivに投稿された作品 pixivで「凌遅刑」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 86916

コメント