ピクシブ百科事典

自然哲学

しぜんてつがく

自然哲学とは、自然を理解・考察する学問のこと。「自然学」とも言う。

概要

自然によって起こる現象などについて、その原理や体系を理解し、理論的に考察する哲学である。「自然学」とも言う。

古代ギリシャに端を発し、ルネサンス期以降の欧州で発展。かのアイザック・ニュートンも当時は自然哲学者とみなされていた。19世紀に自然学は哲学と分離して「自然科学」となり、学問としての自然哲学は既に解体されているが、20世紀以降も科学を対象とする哲学的考察が盛んに行われている(科学哲学)。

関連タグ

自然 現象
学問 科学 哲学

関連記事

親記事

哲学 てつがく

兄弟記事

コメント