ピクシブ百科事典

右方のフィアンマ

うほうのふぃあんま

とある魔術の禁書目録の登場人物。 ローマ正教最暗部の神の右席の実質的リーダー。
目次[非表示]

概要

とある魔術の禁書目録に登場する神の右席の魔術師。
火、右を司り、対応する天使ミカエル
神の右席の実質的なリーダーで、魔術師としての腕も相当なもの。一人称は俺様。
第三次世界大戦を引き起こした張本人であり、これは自らの腕の完成を目的として起したもの。

特徴

フィアンマは「聖なる右」という特殊な術式を使用する。彼の右肩から現れる「第三の腕」は、聖なる右の本来の力ではなく非常に強力かつ不安定な存在になっている。

この力は「右腕を振るだけで、試練や困難に合わせて最適な出力を出す」というもの。
つまり、どんな強敵にも右腕を振るだけで「勝てる」のである。破壊力・速度・硬度・知能・筋力・間合い・人数・得物といった物がフィアンマには必要が無い。

振れば終わるから破壊力はいらない。振れば当たるから速度はいらない。
絶対破壊・絶対命中・絶対先制というまさに反則級の力。
上条当麻曰くRPGで「倒すコマンド」が付いているようなデタラメな存在。

付加価値としての力も高く、障害物が無ければ瞬時に3000mの距離を移動出来る、前方のヴェントの女王艦隊の砲撃で傷一つ負わないなど。

しかしこの「万能」と呼べる力すらも、先述の通り不完全な物である。
作中ではとある条件を揃えて『神上』という存在に至り、完成はしたのだが・・・。

神上

フィアンマの右腕の真の力であり、本来あるべき力。その力は凄絶の一言に尽きる。
作中で見せた出力だけでも惑星を破壊し、十字教のあらゆる神話を再現出来る程の力であった。

この『神上』と呼ばれる状態に至る為に、まず第三次世界大戦を引き起こし世界中の人々の「悪意」を表出させる。そして実際に天使を降ろした『サーシャ=クロイツェフ』という素体、『禁書目録』の10万3000冊の知識(霊装)、上条の『幻想殺し』を力の媒介として用いた。

『神上』に至り、幻想殺し(右腕)を切断して取り込んだ事で用済みとなった上条にその力を放つ。しかし、上条の切断された腕から現れた謎の力に切り払われる。彼が上条に向けて放ったのは惑星を塵に変えるほどの力だが、上条の中から現れた謎の力は『神上』に至ったフィアンマすら圧倒する存在だった。

上条は自身の内に潜んでいた力を押し潰し、新たに幻想殺しを宿した右腕を再生させる。
対して、切断された右腕からは幻想殺しとしての機能は失われていった。

さらに人々の「悪意」が想定した量に達せず、フィアンマの力も急速に失われていく。
上条曰く、フィアンマが想定した世界中の「悪意」というドロドロとした負の燃料は、あくまで人の一面でしかなかった。「光」とも呼べる人の意思が「悪意」に打ち勝ったのである。

その後

上条との戦闘に敗北した後、落下していくベツレヘムの星で、残る上条にコンテナに乗せられ脱出。その際、フィアンマが救おうとした広い世界を自分の目で確かめてみろ、と説かれる。
しかし雪山で学園都市の生命維持装置の中にいるはずのアレイスター・クロウリーに遭遇し、彼に右腕を切断される。(0と1で表現出来ないアレイスターは、同時に複数存在する事が出来る)

いくつか言葉を交わした後、「あの男(上条)が命を懸けて救った世界を、これ以上踏みにじらせる訳にはいかない」と、勝利など不可能な状況を理解した上でアレイスターと交戦する。
もはや誰もこのフィアンマを敵とは思えなかっただろう。

結果は敗北。吹雪の中で瀕死の状況に置かれるが、オッレルスシルビアによって助けられる。

新約とある魔術の禁書目録4巻にてオッレルスと再登場。彼と共に『魔神』隻眼のオティヌスと対峙し、結果的に上条を守る事となった。右腕は切断されたまま、その力は不安定な状態に戻っているようだ。

関連タグ

神の右席 とある魔術の禁書目録 前方のヴェント 左方のテッラ 後方のアックア もしかして→ウホッ♂のフィアンマ

pixivに投稿された作品 pixivで「右方のフィアンマ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 127947

コメント