ピクシブ百科事典

サーシャ=クロイツェフ

さーしゃくろいつぇふ

「とある魔術の禁書目録」の登場人物。 ロシア成教「殲滅白書」所属のシスター。
目次[非表示]

CV寺崎裕香

解説

ロシア成教殲滅白書(Annihilatus)』所属メンバー。戦闘修道女。父姓不明。
インデックスぐらいの小柄の少女で、緩くウェーブのかかった長い金髪が特徴。歳は13ほど。
ワンピース型の下着にも似たスケスケの素材と黒いベルトで構成された拘束服を着用し、
その上から赤い外套を羽織り、リード付きの首輪をしている。
四巻では『御使堕し』の効果で中身が天使神の力』と入れ替わっており、名前もミーシャ(ミーシャ=クロイツェフ)と名乗っていた。
最近は天使という莫大な世界の力を長時間に渡り体に降ろしていた影響が出始めているが、
『御使堕し』のことは彼女には知る由も無いため、
原因不明の天使の力による指先の細かな震えや魔力への拒絶反応じみたものに悩まされている。
因みに普段身に着けている装束はワシリーサに着せられているもので、本人は大いに嫌がっているようだ。
日々ワシリーサのセクハラと戦い続けているため、自分にいかがわしいことをするものの基準が彼女となっている。
従って、上条当麻の触診に対して容赦なくワシリーサ対応の釘抜き連発を喰らわせた。


神をその身に降ろした者」として右方のフィアンマに狙われており、
二十巻では危機に晒された民間人を救うためにフィアンマに挑むが、
神の力そのもののミーシャではなく、一介の魔術師サーシャに過ぎない彼女では遠く及ばず、
一撃でその行動を完全に封じられ、フィアンマに捕獲されてしまう。


サーシャの衣装を見た人間の感想は


アンジェレネ曰く
「私にはどうも、夜道に出没する変な中年男性みたいにしか見えな――」


シェリー曰く
「夏でもないのに水着のヤツがいるぞ」


神裂曰く
「しっ!あれにはきっとロシア成教に伝わる重要な意味があるんですよ」


上条曰く
「それにしてもなんてメチャクチャな衣装なんだ・・・」



と散々である。


サーシャ=クロイツェフ


口調

ミーシャと似ているがこちらは丁寧語が主体。
例:「第一の解答ですが、迷子になりました」


初出

四巻で名前と体だけ登場。
人格も含めると十二巻が正式登場。


元ネタ

ロシア語の女性名「アレクサンドラ」の愛称が「サーシャ」。ただしサーシャは男性名の愛称にもある。
「-エフ」で終わる姓は男性形のため、名前からは彼女は男性ということになる。(実は男の娘?)
ロシア語表記:Саша Кроичев (Крейчев)
ラテン文字転写例:Sasha Kroichev (Kreuzhev)

ミーシャ=クロイツェフ

『御使堕し』でサーシャ=クロイツェフに降りてきた天使、
『神の力』が名乗っていた名前。
詳しくはミーシャ=クロイツェフの項目へ

wikipedia


ロシア成教「殲滅白書」所属のシスター。 かなり際どい拘束服を身に纏い、ハンマーノコギリといった拷問用具を懐に携えている。この拘束服は上司のワシリーサに着せられたもので本人は嫌がっており、周りの評価も散々である。「第一の質問ですが、 - 」「第一の解答ですが、 - 」「私見ですが、 - 」など、文章の趣旨を予め説明するという形式的な独特の口調が特徴。大天使の「天使の力」を丸ごと取り込めるほどの許容量があるという極めて稀な資質を持っている。ちなみにミーシャと違ってガムは「合成物の塊を口に入れる人の気が知れない」という理由で嫌っている。 「御使堕し」の影響を受け、精神が大天使「神の力」と入れ替わってしまい、その時にはミーシャ=クロイツェフと名乗っていた。「御使堕し」以降、近くで魔術が発動していると手が震え、一方通行同様に第三次世界大戦時では胸への圧迫感に変化している。なお、彼女には「御使堕し」時の記憶がない。 天使を降ろした者として彼女を狙うフィアンマの息がかかったロシア成教に追われるが、ワシリーサの協力とヴェントの手引きでエリザリーナ独立国同盟への逃亡に成功する。しかし、エリザリーナ独立国同盟でフィアンマに誘拐されてしまい、「神の力」の召喚儀式に利用されたが、儀式終了直後に逃走する。その後、レッサーと合流し、「ベツレヘムの星」の解体に貢献した。


機動少女カナミン

PSP『とある魔術の禁書目録』では超機動少女カナミンコスプレ姿で戦うことができる
 

「超機動少女カナミンって知ってる?」



表記揺れ

サーシャ=クロイツェフサーシャ・クロイツェフサーシャ・クロイツェフ

pixivに投稿された作品 pixivで「サーシャ=クロイツェフ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 67837

コメント