ピクシブ百科事典

ミドガルズオルム

みどがるずおるむ

ミドガルズオルムとは、北欧神話に登場する巨大な蛇のような魔物。
目次[非表示]

概要

ヨムンガルド


別名ヨルムンガンドの異名を持つ超大蛇。種族は霜の巨人ヨトゥン。
名前は「ミッドガルドの蛇」の意。ミッドガルドの大地を取り巻く海を現すという世界蛇であり、もはや魔神蛇神と言っても過言ではない威容をもつ。腕や角や髭を持つ姿もあり、竜かドラゴンと言っても不自然ではない。

自分の尾をかんで輪となっている姿で現される。

ヨルムンガンド


父は虚偽と欺瞞の神・ロキ神、母はヨトゥンの女性・アングルボザ
ロキが死んだアングルボザの心臓を焼いて食べた時に彼から生まれたと言われる。
兄妹に巨狼フェンリル、地獄の女王ヘルがいる。この三兄妹は「のちに世界に災いをもたらす」と予言された。

ミドガルズオルム


世界蛇の名の通り、その身を伸ばせば世界を締め上げられるほどの巨体を持ち、海の底で体を何周にも巻いて横たわっているという。海底だけでは長さが足りず、仕方なく尻尾の先を咥えているらしい。
誕生した時にはただの子蛇であったが、上記の予言を深刻視したオーディンによってミッドガルド(人間界)の海へと投げ入れられた。逆にそのおかげでここまでの巨体に成長することができたと言われる。

農耕の神であるトール神とは浅からぬ因縁があり、三度にわたって戦いを繰り広げている。一度目はトール神がロキの父で巨人族の王「ウドガルド・ロキ」を訪ねた時。
ウドガルド・ロキはトール神に「ペットの猫を持ち上げてみろ」と挑発し、トール神はこれに乗ったのだが、ウドガルド・ロキがミドガルズオルムを化かしたものであったため、結局トールは持ち上げることができなかった。
二度目はトール神がテュール神の父ヒュミルとともに海釣りに出かけた時で、この時ヨルムンガンドはトール神によって釣り上げられかける。しかし、ヒュミルが舟の転覆、何よりヨルムンガンドそのものを恐れてトール神の釣り竿の糸を切ってしまったため、釣り上げられずにすみ、逆に激怒したトール神はヒュミルを海に投げ落としたという。

両者は、神々の終末・ラグナロクにおいても雌雄を決する運命にあり、最終的にトール神に軍配が上がるも、トール神も蛇魔をハンマーで殺した後に魔蛇の猛毒によって九歩歩いて力尽きたという。

上記のとおり「尻尾を咥えている」ことから紋章学においてウロボロスの原形とされ、世界を意味する記号として扱われる。

創作作品での登場


ファイナルファンタジー』シリーズ

この人気RPGシリーズではモンスターとして登場する。

ゴッドオブウォー(2018)』シリーズ

舞台をギリシャ神話から北欧神話へと移した新作では、気の好い味方として登場。物語開始から100年前、ミッドガルドにあるビフレストで各世界へと移動できるテュールの神殿がある「九界の湖」に出現し、以降は湖の主として神殿を守ってきた。

かつてヨトゥンの同胞達を迫害し虐殺したトール達アース神族を忌み嫌っているが、基本的に話好きな心優しい性格。クレイトスの妻フェイとは旧知の仲で、今は亡き友の夫と遺児アトレウスがヨトゥンヘイムを目指していることを知り、全面的に協力してくれることになる。

賢者ミーミルに明かされた事実によると、実はラグナロクが始まった未来から、トールとの死闘の余波でユグドラシルが裂けてしまった影響で、自分が生まれる遥か昔にタイムスリップしてしまったらしい。そのため初対面のアトレウスのことを「知っている気がする」と語っていた。

終盤、クレイトス達を狙うバルドルの奇襲を受け意識を失うも、アトレウスの呼びかけで意識を取り戻し、フレイヤの呪術で蘇生し暴れ回る巨人サム―ルを討ち取り、亡き友の家族を救った。更にヨトゥンヘイムに辿り着いた2人が、フェイの正体やアトレウスのもう一つの名前を突き止め、彼らとの驚くべき関係が明かされた。

関連タグ

北欧神話 モンスター 大蛇 シーサーペント サーペント イクチ あやかし 八王
ロキ フェンリル ヘル トール
ウロボロス
ヨルムンガルド (表記揺れ)

pixivに投稿された作品 pixivで「ミドガルズオルム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 80434

コメント