ピクシブ百科事典

ゴッドオブウォー(2018)

ごっどおぶうぉー

アクションゲーム『ゴッドオブウォー』シリーズ第5作目。PS4対応作品で2018年初頭に発売予定。
目次[非表示]

概要

2010年に発売された『ゴッドオブウォー3』の続編。2013年の『アセンション』から7年後となる新作である。

本作では舞台がギリシャ神話から北欧神話へと変わり、トロールオーガドワーフヨルムンガンドなど北欧起源のキャラクターも多数登場。
俯瞰視点からサードパーソンへの視点変更や、迫力あふれる戦闘システムなど、すべての要素が生まれ変わった本作ではクレイトスとアトレウスの織り成す、父と息子の物語も必見となっている。

ストーリー

オリュンポスの神々との血に塗れた復讐を終えたクレイトス。オリュンポスの剣で切腹した後に崖から身を投げるも生存していた彼は、流れ着いた過酷な北欧の地で新たな人生を望む。しかし、目を背け続けてきた自らの過去と向き合うため、この地で生まれた息子アトレウスに「戦って生き残ること」を教えるため、クレイトスは北欧の神々が司る世界でもう一度武器を手に取ることになる。

登場神物

かつて「スパルタの亡霊」の二つ名でギリシャ全土にその名を轟かせた半神半人。
オリュンポスとの死闘を終えて自決するも、北欧へと流れつき息子を授かった。しかし余所者を疎む北欧の神々に狙われるようになり、再び修羅道へと突き進むことになる。
本作から武器は氷を操る戦斧「リバイアサン」を使用する。

  • アトレウス
クレイトスが北欧の女性との間に授かった息子。
クレイトスから戦士としての非情さを教わっていくが、母から教わった優しさも必要だと考えている。
武器は亡き祖父ゼウスを彷彿とさせる稲妻を放つ弓。

関連動画



外部リンク

公式サイト

pixivに投稿された作品 pixivで「ゴッドオブウォー(2018)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 112

コメント