ピクシブ百科事典

ブレイズオブカオス

ぶれいずおぶかおす

ブレイズオブカオスは、アクションゲーム『ゴッドオブウォー』の主人公クレイトスの愛用する武器である。
目次[非表示]

概要

スパルタの将軍クレイトス戦神アレスと誓約を交わした際、アレスに与えられた双剣。アレスの兄にして鍛冶の神ヘファエストスが、冥府の深淵タルタロスにて鍛えた武器とされている。一度使用すると、剣の柄に繋がった鎖が使用者の腕に絡み付いて焼き付き、死ぬまで取れることはない。これはアレスがクレイトスに己との誓約を絶対的な誓いとして守らせる証ともなった。

クレイトスはこれを武器に、アレスとの誓約を結ぶきっかけとなった蛮族の王の首を刎ね、アレスを敬わない人々を惨殺していったが、遂にはアレスの策略で己の妻子まで手にかけてしまった。
アレスへの復讐と、脳裏に焼き付いた妻子殺しの記憶からの解放を求め、クレイトスはアテナたちオリュンポスの神々に仕え、ブレイズオブカオスをその中での戦いに使った。しかしアレスとの最終決戦でアレスによって奪われてしまい、その後、刀身がどうなったかは不明であった。なお鎖のみはクレイトスの腕にそのまま焼き付き、その後の新たな武器の使用に使われた。

オリュンポスの神々を滅ぼしたクレイトスのその後を描いた物語にて再登場。
中盤において、北欧世界における冥界ヘルヘイムに向かう際に必要となり、亡き妻フェイ、息子アトレウスと住んでいた家から回収。
ヘルヘイムは火を灯すことのできない極寒の地である故に、氷を操る戦斧リヴァイアサンは使うことが出来ないが、北欧世界外で作られた上にタルタロスの業火を纏うブレイズオブカオスにそのルールが適用されないようで、リヴァイアサンでは傷つけられないヘルヘイムのモンスターや茨を焼き払ってクレイトスの道を斬り開いた。

特徴

柄に繋がった鎖のおかげで、通常の双剣とは異なり鎖鎌フレイルヨーヨーに似た剣術で戦う。
デザインは最初はナイフ短剣のような銀色の刃だが、レベルアップしていくことで魔剣と呼ぶにふさわしい禍々しいデザインへと変貌していく。

北欧世界においては、特殊な柄頭を装備することでステータスを変えられるほか、髑髏を模した柄の眼の部分にルーンをはめ込むことで、強力なルーンアタックが使えるようになる。

関連タグ

ゴッドオブウォー クレイトス
双剣 魔剣

pixivに投稿された作品 pixivで「ブレイズオブカオス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 724

コメント