ピクシブ百科事典

遊佐恵美

ゆさえみ

遊佐恵美とは、ライトノベル『はたらく魔王さま!』に登場するキャラクターで、本作のメインヒロイン。
目次[非表示]

CV日笠陽子アニメ)、浅川悠(『電撃文庫MAGAZINE』Vol.18付録ドラマCD

概要

大法神教会の勇者で、人間と天使のハーフ。本名はエミリア・ユスティーナ
あと一歩のところで逃がした魔王サタンと腹心のアルシエルを追い、日本へと渡ってきた。
実際の年齢は17歳だが、仕事に就くため20歳と誤魔化している。
日本ではドコデモグループお客様相談センターの契約社員として働いている。
東京都杉並区永福町在住。

はたらく魔王さま!


経歴

エンテ・イスラの西大陸で、人間の父『ノルド・ユスティーナ』と天使の母『ライラ』との間に生まれる。以前は父とともに農家の娘として暮らしていた。しかし、12歳のころ、魔王軍の侵攻によって父を失う。その後、父を殺した魔王に復讐するため、法術を学び、聖剣を手に入れる。

日本に来てからは、友人や職場関係にも恵まれ、充実したOL生活を送っている。一方で、真奥を監視するため、こっそり後をつけることも

性格

性格は勇者らしく、真面目で優しく思いやりがある性格。
しかし、作中では真奥天使など、敵対しているキャラといることが多いため、短気かつ意地っ張りな面が目立つ。しかも、敵に対して度々脅迫まがいの言葉を発するため、真奥から「勇者の言うことじゃねぇなぁ」と言われている。ヒロインでありながら真奥のライバル的なポジションかつ本人のツンの比重の高さゆえに、巷ではベジータ系女子との呼び名も・・・。ちなみに原作者本人にもその通称は耳に入っているようで、おおいにツボにはいったらしい。

一方、階段から転げ落ちたり、財布を落としてしまうなどのドジな面や、ゆるキャラ『リラックス熊』のグッズを集めているなど、かわいいもの好きな面もある。

勇者として旅していた時は政治・交渉面をエメラダやオルバに任せっきりだったため、非常に政治的駆け引きや絡め手に弱い一面も持つ。特に(原作6巻で大きく動揺する事実があったとはいえ)その精神的打たれ弱さから、真奥等からは豆腐メンタル指定を受けている。

胸が小さいことを非常に気にしており、アニメの最終回では真奥とケンカになった際、真奥にそのことを指摘され逆ギレしていた。その真奥には最初、復讐心と殺意しか抱いていなかったが、実際に抱いていた魔王のイメージの違いやある理由などから、徐々にそれも揺らぎつつある。
別にツンデレではない。と、思いきや…

アニメでは顔芸が一番多い。

ちなみに好物はカレー

武器

進化聖剣・片翼(ベター・ハーフ)

悪魔に対して有効と言われた剣。聖法気を込めれば込めるほど、切れ味や大きさが増し、形が変化する性質を持つ。しかし、実際は生命の樹イェソド』のかけらの一つと判明する。それが原因で、天界から聖剣を狙われることになる。
一度だけ「バター・ハーフ」と誤記され、ネタにされたのはご愛嬌。

天銀

天界の金属。聖剣の元で、恵美の体と融合している。聖法気を込めることで、聖剣へと変化する。

能力

天使と人間のハーフであるため、人間より聖法気許容量が大きい。戦闘力では真奥を上回り、主に剣を用いた接近戦を得意とする。また、原作3巻終盤以降ある理由により、大天使に勝てるほどの攻撃力を手に入れている。
一方、聖法気を使う関係上、サリエルとは相性が悪い。

また、TOEICで700点をとれるなど、英語力も高い。外国語対応ができる(実際には概念による精神感応能力)ため、職場では重宝されている。頭はいい方なのだが、切れ者ぞろいのレギュラー陣であるため、頭脳面では目立たない。

関連イラスト

エミリア9.3%という結果にカッとなって描いた。反省はしてない。
0.5秒後


勇者 ときどき テレアポ嬢


スピンオフ『はたらく魔王さま!ハイスクール!』では

第1話で真奥を追って真奥と同じ高校(真奥千穂と同じ2年A組)に転校生としてやってくる。カレーが好きで、カレー味尽くしの弁当を持ってきたこともある。

関連タグ

はたらく魔王さま!
真奥貞夫 佐々木千穂 芦屋四郎 漆原半蔵 鎌月鈴乃  
鈴木梨香(恵美の同僚で、親友)
アラス・ラムス

まおえみ

勇者 OL ツンデレ 貧乳

シエル先輩月姫のキャラ。同じくカレー好きの設定がある。)
知恵留美子ひぐらしのなく頃にのキャラ。シエル先輩のオマージュキャラなためこちらにもカレー好きの設定がある。)

電撃文庫 FIGHTING CLIMAX IGNITION(2015年 夏に稼動開始、プレイヤーキャラとして参戦することが公式サイトや公式ツイッターなどで発表された。対戦相手を選び、そのキャラとトークを展開するのだが、御坂美琴との会話はそれぞれが好きなゆるキャラ(恵美がリラックス熊、美琴がゲコ太)について、可愛いところを言い合うトークをする。また、アスナとは『十代後半の凄腕の女剣士』『現代日本と異世界を股にかけて活躍』『人外幼女の「ママ」』『その幼女の「パパ」は作品主人公』など非常に共通点が多く、会話も『娘との暮らし』という共通話題で半ばママ友同士の会話だったりする)

※以降、ネタバレ注意


























実は父は生きており、地球に来ているらしいことを聞かされる。
そのため、真奥への復讐心が根本からなくなってしまう。しかも、大法神教会の上層部は権力を維持するため、「勇者エミリアは魔王と相打ちになり死亡した」と嘘の情報を流し、恵美を殺そうと刺客を送ってくる始末である。そのため、勇者としての存在意義を見失いつつある。

また、彼女自身は天使と人間のハーフである。
勇者的な設定だなと想われるかも知れないが、天界からして見れば
天使と人間から子供が産まれた→天使と人間はそう変わらない種族
と解釈が可能であり、その存在が天界の危機(主に権力的な)を招いている。

魔奥曰く『豆腐メンタル』なところがある。

アラス・ラムスが聖剣と融合して以来、その世話を担うようになったが、すっかり母親役が板についてきている。そのため、他人から見たら真奥とは完全に夫婦にしか見えない。

9巻では、里帰りして実家で手がかりを探したら、母親がかつて住んでいた場所を見つけ、自身の母親が真奥に知識を与えた天使であることを知り、さらにそこから教会+天界サイドにさらわれ、魔王軍討伐の旗印にされていて、真奥達が救援に向かい、10巻で無事に救出されたが、会社には自身の真実を言えるわけもなく、休暇届で申請されている日付より長く欠勤したため、会社をクビになった。

11巻では流石に失職したままではいられないということで、(真奥があらかじめ助け舟として提示していた道ということもあったが)、真奥の勤務するマグロナルド幡ヶ谷駅前店を再就職先とした。店でのニックネームは「さえみー」。

12巻では東京で、ついに生き別れだった実の母・天使ライラとの(恵美の物心がつく前に父ノルドの許を去っていたため、実質初の)対面を果たすが、(ライラ自身にも世界を救う為の思惑や夫・娘への愛情はあったとはいえ)その暗闘に巻き込んできた者たち――そして何より物心つく前から置き去りにしてしまった恵美の気持ちへの配慮があまりにも足りない物言いに激怒し、立ち会っていた天祢が止めなければ死人が出ていたレベルで逆上、ライラを拒絶。直後のイェソドの少年による襲撃からライラに身を挺して庇われた事で怒りの炎は弱まったものの、そのことで尚の事気持ちの整理がつかなくなり、そこから長らく(ライラもこの拒絶で自身の母としての至らなさや思慮の足りなさを痛感し、拙くおそるおそるながらも歩み寄ろうとするのだが)、恵美自身の意地や遺恨、芽生えてしまった逃避癖もあって、母とは正面きって向き合うことを避けていくこととなる。


14巻で地球名は「アーバンハイツ永福町」を管理運営する不動産会社「大村アーバンコミュニティ不動産」の元女性社員「湯佐恵子」から付けたことが判明する、と共に501号室が格安物件なのは自身が原因であることも明らかになった。

関連記事

親記事

はたらく魔王さま! はたらくまおうさま

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「遊佐恵美」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5677369

コメント