ピクシブ百科事典

ライデン

らいでん

ライデンとは主に電脳戦機バーチャロンシリーズに登場する機体。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. SNKの格闘ゲームに登場するライデン → ライデン(SNK)
  2. 雷電の表記揺れ → 雷電
  3. モータルコンバットの格闘ゲームに登場するライデン → ライデン(モータルコンバット)


概要

バーチャロンシリーズ全タイトルに登場するVR。テムジンのライバル機体としての立ち位置を占めている。
両肩に装着されたレーザー(オラタン以降はバイナリー・ロータスと呼称)の破壊力は凄まじく、開幕直後に立ちレーザーはライデン使いたる者の一種の礼儀である。
重戦闘型の祖だけあって、機動力は最低だが、一撃が重く、耐久力は全機体中最強という非常にわかりやすいスペックを持つ。
それ以外にもクローを出したり、そのクローから電磁ネットを発射して敵の動きを止めるなど大柄な見た目にそぐわぬ器用さも持ち合わせている。

第1世代VR(HBV-05-E)

HBV-05-E Raiden



「電脳戦機バーチャロン(初代)」に登場するライデン。
DN社内部の0プラントが生産を行っていたHBV(重戦闘バーチャロイド)。
テムジンと共にXMU-05としてバーチャロイドの祖となった機体。HBVの祖ともなった。

開発時、機体構造の根本的な作り直しが必要だったが、上層部はこれを黙認した挙句無茶な要求を叩きつけ、開発スタッフは予算と採算の度外視と殺人的突貫作業を強いられた。

結果、ライデン1機の製造費がテムジン21機分という高価格(コレ一機のメンテナンス1回の費用でさえテムジン10機分らしい)になり、肩部レーザーユニットの製造メーカーが倒産したためライデンは26機しか製造出来なかった。この事に最高幹部会は激怒。スタッフ陣は大粛清され、第5プラントへ左遷させられた。

その高価格と希少性からDN社は「精鋭部隊用のハイエンド機」という名目でセールスを行う方針を固め、ライデンの売り込みの為だけに各VR部隊から強引に引き抜かれたエースパイロットで編成された精鋭部隊、『特殊重戦闘バーチャロイド大隊(のちに「S.H.B.V.D.」へと組織変更)』でのみ使用される形に留まることとなった。
OMGで月面に投入されたS.H.B.V.D.の部隊は数機のライデンと多数の人員を失いながらも、それを上回る多数の敵機を撃破し圧倒的なキルレシオを記録する実績を挙げている。

第2世代VR(HBV-502-H(H8))



「オラトリオ・タングラム」に登場するライデン。
第5プラント「デッドリー・ダッドリー」に左遷させられた、第1世代ライデンの元開発チームによる第2世代VR。
別名「高性能光学兵器装備重攻機体」。

フレッシュ・リフォー陣営(DNA)でありながらフレッシュ・リフォーに反目するTSCドランメン陣営(RNA)にもライデンを供給したため、フレッシュ・リフォーからの制裁で、生産プラントが限定戦争の戦場として提供され、戦闘により破壊されてしまった。結果、第5プラントは閉鎖に追い込まれ、ライデンの製造ラインは停止することになった。
しかし、その1年後、第3プラント「ムーニー・バレー」が生産ラインを復活させ、再び安定した供給が可能になり、第一世代と違って様々な戦場で数多く見掛けられる機体となった。なお生産再開により型式番号の末尾がHからH8に変更されている。

ライデン


ちなみに、RNA側に供給された機体は「RVR-75・ライデンⅡ」と呼ばれ、FCSがRNA仕様になっている以外はDNA側と性能に違いはない。
(そのためゲーム中で唯一、1P(DNA)側と2P(RNA)側で名前が違う機体になっている)

第3世代VR(HBV-512系)

ライデン E1


「フォース」に登場するライデン。
名称を「ムーニー・バレー」から「アダックス」に変更した第3プラントによって開発された第3世代VR。
VOX系のコンセプトを取り入れ、ユニット・システムの導入により多彩なバリエーションを持った装備の換装が可能となった。
バズーカからフラットランチャーと呼ばれる光学兵器に持ち替えたものやレーザーを捨て剣を携えた物、果ては機動性を重視した物などが存在する。

関連動画

Fade to Black

初代OMGでのライデンステージBGM。

into the crimson

オラトリオ・タングラムでのライデンステージBGM。

関連タグ

折木奉太郎 米澤穂信著「〈古典部〉シリーズ」、およびアニメ「氷菓」の主人公。「手作りチョコレート事件」の劇中で、友人の福部里志とゲームセンターで対戦した時に使用。原作では、「右手に滑腔砲握り、両肩にレーザー砲を担いでいる、大艦巨砲主義の機体」と紹介された。アニメでは、明確に「ライデン」の名前が出ており、対戦画面もそのまま使用された。ちなみに、里志の使用した機体は、バイパーII

御坂美琴 「とある魔術の禁書目録」シリーズの主要ヒロインの一人にして、そのスピンオフ「とある科学の超電磁砲」の主人公。電脳戦機バーチャロンとのコラボ外伝「とある魔術の電脳戦機」で、ライデンは彼女の愛機となる。

豊崎愛生けいおん!平沢唯役の女性声優。筋金入りのチャロナーで、「オラトリオ・タングラム」がXbox360に移植されたときはツインスティックを2台購入したほど。本人曰く、「本当はフェイ・イェンエンジェランが使いたいけど、ライデンが一番私のいうことをきいてくれるんです。」との事。

pixivに投稿された作品 pixivで「ライデン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 404079

コメント