ピクシブ百科事典

三代目水影

さんだいめみずかげ

三代目水影とは、漫画『NARUTO』の登場人物。

概要

霧隠れの三代目里長。

長髪が特徴の人物。側頭部には等間隔に小さな球体のような物を付けている。
初の五影会談で登場。初代水影・白蓮の護衛をした。

後の時代に六道仙人大筒木ハゴロモによって浄土から呼び寄せられ、歴代五影達と共に「口寄せの術」で大筒木カグヤの始球空間(しきゅうくうかん)からナルト達を連れ戻した。このことより、既に死亡している模様。

歴代五影の中で唯一、容姿以外の詳細が一切不明となっている。

又、うちはオビトに殺害された暗部の発言から、オビトがやぐらを操る以前から血霧の里と呼ばれていた事が判明している。その時点でやぐら水影に就任して恐怖政治を行っていたのか、作中未登場の三代目水影の時代から血霧の里と呼ばれていたのかは不明である。

関連タグ
NARUTO 霧隠れ 血霧の里 水影 初代水影 やぐら

pixivに投稿された作品 pixivで「三代目水影」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 866

コメント