ピクシブ百科事典

二代目水影

ほおずきげんげつ

二代目水影とは、「NARUTO -ナルト-」に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

概要

CV:梅津秀行

霧隠れの里(水の国)で、かつて二代目土影・無と交戦し、相討ちになった男性である。眉なしチョビ髭の風貌が特徴で、本名は鬼灯幻月
戦闘を純粋に楽しむ水月と性格が似ている為、鬼灯一族ではないかと言われていたが案の定、霧隠れきっての名家「鬼灯一族」の血を引いていた。

生前から二代目土影とは馬が合わないようである。性格は陽気でおしゃべりだが、若手の忍に対して将来を期待しているようである。
第四次忍界大戦では、カブトの穢土転生によって蘇生される。我愛羅に封印されかけたが、穢土転生の効力で封印術が効かず、交戦させられることになる。

幻術と水遁のエキスパート。戦闘では、蜃を口寄せして蜃気楼を発生させる。これにより、自身と蜃への攻撃が全く当たらなくなる。
奥の手は「蒸危暴威」(ジョウキボウイ)という術。非常に厄介な技であるが、名前のインパクトからナルトスでネタにされている。

ちなみに彼に対して「チョビ髭」は禁句。
言われた際は「穢土転生関係なしに殺すぞ!!!」と大激怒した。

陽気でおしゃべりでハイテンションなバトルマニアであるが、戦闘そのものは意外と堅実な実力者。

なお、最初の五影会議で他の二代目を襲名する忍びたちが初代の護衛として出席していたのに対し、彼だけは白蓮の護衛として出席しておらず、彼の次代に当たる三代目水影が初代の護衛として出席している。


関連イラスト

二代目水影
泥らくがき③



関連タグ

NARUTO ナルト 水影と蜃と蜃気楼 土影 チョビ髭

pixivに投稿された作品 pixivで「二代目水影」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 35557

コメント