ピクシブ百科事典

鬼柚子一朗太

おにゆずいちろうた

鬼柚子一朗太とは『BORUTO』の登場人物である。

CV:時永洋

概要

霧隠れの若き忍であり、血霧の里の復興を目論む干柿屍澄真の同志のひとり。
新・忍刀七人衆の一員であり、爆刀・飛沫の使い手。
七人衆の実質ナンバー2でもあり、屍澄真率いるクーデターに加担。

人物像および戦績

冷静沈着で格式ばった話し方をする。屍澄真に対しての信頼は厚いが、他の七人衆に対しては捨て駒としか思っておらず、彼らが長十郎相手に戦闘不能に陥ったと見るや飛沫の力で皆殺しにしようとした。霧の若手の中ではそれ相応の実力を持つが、かつての血生臭い時代や忍界大戦を経験していない部分から錬度不足であり、それでいて自身の実力を過信し他里の忍の実力を根拠なく見下す等の悪癖は他の新・七人衆と変わらない。
屍澄真指揮下で飛沫強奪後、その力で戦力を分断してから高みの見物。長十郎相手に敗北した尾道八朔笛吹巨峰蛇苺を長十郎もろとも爆殺を試みたが、介入してきた結乃イワベエと戦闘となる。しかし飛沫の爆破力に頼っていたにすぎなかったために、獲物の大鎚に仕込まれた仕込み刀による攻撃を見抜くことが出来ずに敗北した。

コメント