ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

日置将士

ひおきまさし

テレビ番組『SASUKE』にて出場している選手(イラスト左側の人物)。クリフハンガー撲滅委員会会長。

概要

TBSの特番『SASUKE』に出場している選手。

千葉県にある電気店長勤務。3人の子持ちの父親。初登場は第25回で、第29回で2nd進出、第30回で3rd進出を果たし、新世代の仲間入りを果たす。

長らく1stで苦しみ続けてきただけにこの時は家族への感謝をインタビューで語った。

クリフハンガーシリーズに阻まれている一人だが、移動時の安定感などは上がっており、次回以降の突破は期待されている。


有力選手でありながらゼッケンは毎回早めの番号を渡されており、才川コージが10前後のゼッケンで1stをクリアするようになるまでは2nd、3rdのトップバッターとなっていたことが多かった。

性格は非常に明朗快活であり、番組内でもおどけた一面を見せるが、自身や仲間のステージクリアの際に感極まって涙を流す等、涙もろい一面もある。漆原裕治と特に仲が良く、彼のyoutubeにたびたび出演している。SASUKE新世代の中では「30番」「45番」「60番」等比較的若いゼッケン番号で出場する事が多く、「斬り込み隊長」と呼ばれている。


第36回大会では2週間前にトレーニングにより、左足首の靭帯を損傷しており全治2ヶ月の大怪我をし、医者からは出場不可能と言われるほどの状態であったが、仲間たちのからの応援もあり当日まで治療に専念し、出場出来る状態にまで回復。いざ出場すると3rdステージまで進出し、長らく阻まれていたウルトラクレイジークリフハンガーの1回目の跳躍を成功させる大活躍を見せた。

なお、第41回大会終了時点でこの36回大会が自身の最優秀成績となっている。


第41回大会では新エリアのツインダイヤをものともせず1stクリア。これで9大会連続1stクリアとなり、連続した大会での最多連続1stクリア記録を更新した(連続していない出場大会では佐藤惇の12大会連続が最多)。

そのままの勢いで前回バックストリームで沈んだ2ndもクリアしたのだが、3rdではサイドワインダーの2つ目で滑り、落下寸前まで体が沈んでしまう。なんとか腕で持ちこたえたものの、ここで大きく体力を消耗してしまい(本人曰く「95%使った」※注1)、またしてもクリフディメンションでリタイアとなった。


注1. これは前回40回大会にて漆原裕治が発した台詞であり、日置はこれに「もう5%しかないやん‼︎」と返していた。


関連タグ

SASUKE

関連記事

親記事

SASUKE さすけ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 98

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました