ピクシブ百科事典

IBC岩手放送

あいびーしーいわてほうそう

「IBCラジオをお聞きいただきありがとうございました。JODF・盛岡、大船渡、久慈、岩泉から684KHz、JODL・前沢から1062KHz、JODM・釜石、田野畑から1062KHz、JODN・宮古から1557KHz、・・・」
目次[非表示]

概要

岩手県を放送対象地域とするラジオ・テレビ兼営局。
ラジオ局として1953年に開局し、テレビ放送は1959年に開始した。当初の社名は岩手放送でIBCが入ったのは1995年のことである。テレビはTBS系、ラジオはJRNとNRNのクロスネット。
略称IBC
地元紙の岩手日報の息がかかっている。

テレビ/「東北のテレビ東京」!?

岩手めんこいテレビ岩手朝日テレビの開局によりそれまでフジテレビテレビ朝日の番組を放送していた枠が空いた事、不景気により自社製作番組の製作が費用などの面から難しくなったことでテレビ東京からの番組購入を積極的に行っている。
休日の日中にはテレビ東京の番組で埋め尽くされてしまうことも。
東北のテレビ東京という呼び名で呼ばれることもあったりなかったり・・・。

放送局概略(テレビジョン放送)

ニュース系列JNN
番組供給系列TBSネットワーク
愛称IBCテレビ
コールサインJODF-DTV
呼出名称IBCデジタルテレビジョン
リモコンキーID6
親局盛岡16ch
主要中継局二戸15ch


ラジオ/漁業無線用のアンテナを使っていた送信所がある

3時を1日の始まりとする24時間放送を実施しているが、日曜日深夜(月曜日の未明)1時~3時58分の間は放送を休止する。クロージングアナウンスは1時の時報のに行われ、時報が鳴り終わるとすぐに停波となるが、この方式はほかにもJRTラジオの例がある。
またクロージングアナウンスは、
「これから4時まで放送を休ませていただきます。放送開始は朝4時、今日もIBCラジオで明るく楽しい1日をお過ごしください」
という独特の結び方になっている。

放送局概略(ラジオ放送)

系列JRN・NRN
愛称IBCラジオ
呼出名称IBCいわてほうそう


ラジオの放送局一覧

親局(盛岡)JODF684KHz5kw (※1)
同・FM 90.6MHz1kw
大船渡 684KHz(※2)
久慈、岩泉 684KHz
前沢JODL1062KHz
釜石JODM1062KHz(※3)
田野畑 1062KHz
宮古JODN1557KHz
山田(FM) 76.7MHz
一関(FM) 80.3MHz
二戸、大槌(FM) 80.5MHz
岩泉小本(FM) 85.5MHz


  • 岩手県は地形の関係上、特に沿岸部で難聴取地域が多いこともあり、東日本大震災の前後にFM補完局の設置が進められた。ちなみにこれらFM局は盛岡FM局は言わずもがな、二戸FM局でもステレオ放送が実施されている(その他はモノラル)。
  • (※1)684kHzに合わせておけばだいたいどこでも聞けるが、夜間には親局の100倍もの大電力で送信されるNHK東京ラジオ第2放送(693KHz)と混信しやすい。このため岩手県以外で聴取することはほぼ困難である。
  • (※2)かつての大船渡中継局は現在とは周波数が異なり、単独の放送局としてJOLOのコールサインも持っていた。1997年に空中線電力を1kwに増強するとともに親局と同じ684KHzに改めたが、このときコールサインが廃止された。
  • (※3)釜石局は漁業無線用の送信アンテナを使用していたため、日本国内の放送局としては珍しいT型を採用していた。しかし2006年に中継局の場所が移転したため現存していない。

余談

  • テレビ東京深夜アニメのWakeUp,Girls!土曜日の早朝6時から垂れ流すという暴挙をやらかしたうえ、本来関東地方以外では地上波での放送がなかったはずの関連番組「わぐばん!」を2015年10月から2016年1月にかけてやらかしている。
  • まだ個人情報保護にうるさくなかった頃、ラジオで県立高校入学試験合格者の名前を発表する特別番組を盛岡、前沢、釜石、宮古、大船渡の各地域別で放送していた。
  • あるオリンピックの開催期間中、旅行で訪れた国で国際放送センター(International Broadcasting Center)の関係者と間違えられ、ものすごいおもてなしを受けたらしい。
  • 隣接する秋田県にはTBS系の放送局が無いため、普段の取材はIBCが担当する。秋田ケーブルテレビでもIBCが再送信されている。


関連項目と外部リンク

公式サイト

KBS京都:IBCと同じく、放送対象地域外での聴取が非常に困難なラジオ局のひとつ。
毎日放送:ワイドFMの周波数がIBCのFM親局と同じ90.6MHzである。

コメント