ピクシブ百科事典

有頂天家族

うちょうてんかぞく

『有頂天家族』とは、森見登美彦による小説。及びそれを原作としたアニメ。
目次[非表示]

概要


「面白きことは良きことなり!」

小説家森見登美彦による和風ファンタジー小説
京都を舞台に天狗が暮らす波乱万丈な日常の物語である。

第一部 『有頂天家族』 幻冬舎 2007年9月25日発行.
第二部 『有頂天家族 二代目の帰朝』 幻冬舎 2015年2月26日発行.

第二部の巻末に、第三部の予告がある。執筆未定、発行未定なのはもちろん、阿呆の血のしからしむるところだ

P.A.Works制作で久米田康治キャラクターデザインによりアニメ化され、2013年7月からTOKYOMXサンテレビKBS京都およびBS11キッズステーション汐留のお友達約1局にて放送された。

また、2017年春アニメ『有頂天家族2』として第二部『二代目の帰朝』もアニメ化された。TOKYOMX、KBS京都、AT-Xおよび汐留のお友達約1局、さらにはお台場のお友達約1局にて放送。

物語

第一部

舞台は京都。街には人間とは別に、人間に身をやつした狸や天狗たちも暮らしていた。

そんな狸の中でも下鴨神社の糺ノ森に暮らす下鴨家は当主の下鴨総一郎が京都における狸界の頭領「偽衛門」を務めるという有名な一族であった。だが、その偉大な父・総一郎の死によって、偉大な父の血を引き損ねた阿呆と呼ばれる四兄弟の毛深い子狸たちが残される事となってしまった。

だが、阿呆な血を引くならば、阿呆に生きれば良いのである。四兄弟はそれぞれの流儀で、他の狸や天狗、人間の騒動に巻き込まれながらそれぞれの毛深い人生を歩み始めていく。

第二部・二代目の帰朝

下鴨家と夷川家の騒動の落ち着いた頃、赤玉先生の二代目が京都に現れた。かつて赤玉先生との争いに敗れてイギリスに渡り、長い年月を経て英国紳士となって帰朝し、京都狸界はざわめく。
矢一郎と南禅寺玉瀾との恋、夷川呉一郎の帰還、矢二郎の旅、再びの弁天など、京都は新たな波乱の騒動が巻き起ころうとしていた。

登場キャラクター

  • 下鴨矢三郎(cv.櫻井孝宏 主人公。下鴨家三男。変幻自在に変化できる天才だが、自由奔放で面白く生きようとして周囲を困らせている。自分の父を食べた弁天に惚れている。
  • 下鴨矢一郎(cv.諏訪部順一 下鴨家長男。生真面目で長男としての自負から一家を率いようと努めているが、融通が利かず緊急時には慌ててしまう。
  • 下鴨矢二郎(cv.吉野裕行 下鴨家二男。やる気がない怠惰な末に、六道珍皇寺の井戸でカエルになって隠遁中。
  • 下鴨矢四郎(cv.中原麻衣 下鴨家四男。気が弱く、変化も苦手で、怖くなると狸に戻ってしまう。
  • (CV.井上喜久子 下鴨四兄弟の母。普段の人間姿は割烹着を着ているが、宝塚に憧れて街では「黒服の王子」と呼ばれた美青年になり、ビリヤード場に通っている。子供たちは自慢の子として想っている。
  • 下鴨総一郎(CV.石原凡 下鴨四兄弟の父親で変化に長け、「偽右衛門」を襲名し京都狸界を率いる頭領であった。金曜倶楽部によって鍋にされてこの世を去った。
  • 金閣(CV.西地修哉)/銀閣(CV.畠山航輔 早雲の双子の息子。下鴨四兄弟の従兄弟に当たる。二人揃って意地悪く、意味も知らずに四字熟語を使う。
  • 夷川早雲(CV.飛田展男 総一郎の実弟で下鴨四兄弟の叔父。偽電気ブラン会社を経営して勢力を拡大させているが、性格も評判も悪く、下鴨家とは敵対している。
  • 夷川海星(CV.佐倉綾音 早雲の娘で矢三郎の元許嫁。とても口が悪く、矢三郎の前には決して姿を見せない。アニメでは人間姿を見せた。
  • 赤玉先生(cv.梅津秀行 元大天狗。かつては「如意ヶ嶽薬師坊」と呼ばれていたが、魔王杉から落ちて以来落ちぶれ、弁天に能力も道具も貢いでしまい、アパートで人間同然に暮らしている。
  • 寿老人李白)(cv.間宮康弘 秘密結社「金曜倶楽部」の中心人物。金曜倶楽部とは人間たちにおける京都の政財学界有力者が結成した組織。定例会で鍋を囲む慣習があるのだが、年末のそれは狸鍋が恒例となっており毎年タヌキを捕らえて食べてしまうので、狸界では極度に恐れられている。どうやら『夜は短し歩けよ乙女』等に登場する李白と同一人物らしく、個人としても京都で最も危険な力を振るう人間の一人。
  • 布袋淀川長太郎)(cv.樋口武彦 「金曜倶楽部」メンバーで大学の農学部教授。様々なものを食べる食いしん坊で心優しい人。
  • 弁天鈴木聡美)(cv.能登麻美子 京都で最も恐れられている天狗の一人。赤玉先生の弟子として高い神通力や多くの天狗道具を操る自由奔放で妖艶な美女である。「金曜倶楽部」メンバーでもあり、総一郎を鍋にした張本人。
  • 夷川呉一郎(CV.中村悠一 早雲の長男だったが、父親と折り合いが悪かっため出奔し坊主となっていた。早雲なき夷川家の当主として帰還した。
  • 南禅寺(CV.野島裕史 南禅寺家の頭領。
  • 南禅寺玉瀾(CV.日笠陽子 頭領の妹で頭がよく、無類の将棋好き。矢一郎と親しくなる。
  • 星瀾(CV.M・A・O四国の名門、第十八代金長の娘
  • 天満屋(CV.島田敏 幻術を操る謎の中年のオッサン。
  • 二代目(CV.間島淳司 赤玉先生の二代目だったが、大喧嘩の末に姿を消し、英国に渡っていたが、英国紳士となって100年ぶりに帰朝する。



関連イラスト

面白きことは良きことなり
かたわらを見ろ、おまえには。


食べちゃいたいくらい好きなんだもの。
下鴨四兄弟



外部リンク

アニメ公式サイト

関連タグ

小説 森見登美彦 2013年夏アニメ 京都  / 化け狸 天狗
有頂天家族100users入り 有頂天家族500users入り 有頂天家族1000users入り

pixivに投稿された作品 pixivで「有頂天家族」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5754041

コメント