ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

熱田神宮

あつたじんぐう

名古屋市熱田区に鎮座まします神宮。古代の景行天皇43年に創祀。ご祭神は熱田大神で、天叢雲剣(草薙剣)をご神体とする。

めぐみ熱田の御やしろは

三種の神器の一つなる

その草薙の神つるぎ

あふげや同胞四千萬

―― 鉄道唱歌(東海道篇)三三番より


概要

今から1900年前、第12代景行天皇の御代に、三種の神器の一つである天叢雲剣(別名を草薙剣ともいい、神話では八岐大蛇の尾から出たと伝えられる)をご神体として創祀された。


そのご神体を御霊代としてよせられる天照大神がご祭神である(熱田大神と申し上げる)。


熱田神宮の鎮座は、古代の英雄である日本武尊のご事績と、深いかかわりがあることがよく知られている。

日本武尊は東征の途次、伊勢神宮奉仕の倭姫より天叢雲剣を授けられ、剣の力によって草を薙ぎ払い、賊を討って難を逃れられたと伝えられる。

日本武尊の薨後、尊の妃・宮簀媛のもとに置かれたままの剣を、当時尾張氏が斎場としていた熱田に卜して奉安された。


平成25年5月8日、創祀千九百年大祭が斎行された。

また今から百年前、大正3年4月7日には、「日本武尊千八百年祭」が行われている。


関連タグ

神宮 天照大神 日本武尊 草薙剣

名古屋市 神宮前駅 熱田神宮伝馬町駅

関連記事

親記事

神宮 じんぐう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12448

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました