ピクシブ百科事典

モネ(ONEPIECE)

もね

モネとは、少年漫画『ONEPIECE』の登場人物である。
目次[非表示]

「私もあなたと戦って勝てる気はしない けれど戦闘力と勝敗は別物でしょ!?」

何者であれ… 子供達を連れ去ろうとする輩を 私は許さない!!

概要

王下七武海ドンキホーテ・ドフラミンゴ率いるドンキホーテ海賊団の幹部で、腕と足が鳥になっているハーピーである。同海賊団の協力者である世界政府の元科学者シーザー・クラウンの秘書兼監視役としてパンクハザードに派遣されていた。

書類に目を通したり何かを執筆する時は牛乳瓶の底のような丸眼鏡を掛けている。

同じ海賊団の一員であるシュガーは実妹である。
勿論手脚はローにより挿げ替えられたもので、彼がパンクハザードを訪れるまでは生身の人間である。

プロフィール

本名モネ
異名無し
懸賞金不明
所属ドンキホーテ海賊団
能力ユキユキの実(自然系)
出身地不明
身長不明
年齢30歳
誕生日8月27日(ッピーになる)
CV松井菜桜子


能力

MONET


悪魔の実ユキユキの実
解説雪を発生させ自在に操る
種類自然(ロギア)系

体をと化し、周囲に自在に雪を降り積もらせる事ができる「雪人間(雪女)」
発生させた雪は広い建物のフロア1つを極寒の地に変える程の力を持っている。また、雪を使ってかまくらを作り、防御壁として使う事も出来る。さらに彼女に抱かれるとその冷気によって抵抗力を奪われ、やがて睡魔に襲われ動けなくなってしまう。

体が雪になるため、周辺が雪景色ならその雪に紛れて偵察することも可能。また、雪が積もっている範囲であれば(エネルカリブーなどと同じく)その雪の中に潜る事であらゆる場所に一瞬で移動できる。さらに自らを雪で包み込み、巨大な雪だるまの怪物のような姿に変身する事も可能。つららのような牙で相手に喰らい付き、一瞬で凍結させた傷口をそのまま噛み砕く(つまりは事実上の防御無視)攻撃を得意とする。
しかしながら「雪」というあまり攻撃的なイメージの無い物体の能力のため、エネルやクロコダイル、三大将などの自然災害級の攻撃技は保有しておらず、むしろ相手の戦闘力を奪い取ることに特化していると言える(ルフィには「正直勝てるとは思っていない」と発言している)。
また、彼女の業務上、相手を倒すことよりも研究員や施設などを守ることのほうが優先順位が高いため、設備や壁などを壊さずに敵対戦力を無効化する手段の多い、こちらの能力のほうが使い勝手がいいようである。

自然系なので単純な物理攻撃は効果が無く、雪を分厚く重ねる事で一時的に一定以上の防御力を獲得する事もできる。しかし、雪なのでや高熱を利用した攻撃なら覇気を用いずとも有効となる。

前述した通り、ローがパンクハザードに来た際の回想や、それよりさらに前のドレスローザ王宮の乗っ取りを画策したシーンではモネは普通の人間の体だったが、本人の希望なのか、他のパンクハザードの人間と同じく、ローによってモネが改造された様子。
これにより、腕と足が鳥のそれとなっており、を飛ぶなど戦闘力が向上している。なお、器用に翼を使って物を持ったりする事もできる。
武器として二本の巨大なアイスピックを持っており、足で掴んだそれをのように振るい攻撃を仕掛ける。覇気が使えるのかは不明だが、海軍本部大佐を一人で一蹴できるほどの戦闘力を持つ。

ちなみにユキユキの実の能力はヒエヒエの実の能力と同系統であり、ヒエヒエの能力の方が上位となる事がSBSにて明らかにされている。劇中で相対はしていないが、サカズキの攻撃でエースが焼かれたのと同じだとするなら、クザンの技でモネが氷漬けにされたりするのかもしれない。

カマクラ
分厚く積み上げた雪の壁を作りだし、防御壁とする。
雪の壁というと脆く、その気になれば壊せそうなイメージがあるが、積雪量次第では家屋を崩壊させるほどの代物(実際、ワポル戦でも雪の驚異にルフィならびにサンジが振り回されている。)。
なので、並大抵の攻撃にはびくともしない。破壊されるとこれまた雪とは思えない重い音を立てながら崩落する。強化版としてこのカマクラを十層にも積み上げて防御力を大幅に強化した”カマクラ十草紙”、似たような技に足元に積もった雪を押し上げて壁を作り出す”雪垣(ゆきがき)”がある。なお、モネ本人は自身も体を「雪」にすることで、雪の中を自由に動き回ることができ、直接カマクラの内部に侵入することも脱出することも可能である。
身体能力も低くないため、一定空間内での移動は速いが、腕や武器による攻撃は遅いという、ヌマヌマの実のようなオチがなく、なかなか隙を突きづらい。

万年雪
積もった雪を操って相手の体を呑み込み、拘束する。

たびら雪 肌刀(はだがたな)
腕(翼)を氷の刃に変えて斬りかかる。

雪兎(ゆきラビ)
空へ飛び上がり、ウサギ形の雪玉を地上へ向けて乱射する。
一発一発が積もった雪の上から床を砕くほどの威力を持っている。

雪嵐(ふぶき)
積もった雪を吐息と能力で巻き上げ、大規模な雪の竜巻を生み出す。
意外に直接的な攻撃力はそれほど無いが、荒れ狂う雪と風に視界と行動を制限されるため、竜巻の中で戦い続けるのは相手にとっては非常に不利になる。

性格

基本は喜怒哀楽を表に出さず、常に不気味に笑みを浮かべており、静かでクールな人物である。しかし、話が進むにつれて感情を表に出すシーンも増えだした。
特に、サンジ率いる海軍G-5支部の面々から容姿を褒められた際には照れ顔を見せた。

相手の実力を察する能力に長けており、弱者などの優先すべき対象を執拗に付け狙い、確実に仕留めようとする執念深さを持つ。一方で自分よりも強い相手とは真正面からぶつかろうとはせず、どうしても戦わなければならない場合は時間稼ぎや搦め手を多用し、じわじわと攻めていく戦法を用いる。
事前の情報収集を欠かさず行う勤勉さや、強かとも狡猾ともとれる戦法、護衛対象や船長のためならば格上相手にも躊躇なく立ちはだかる度胸など、作中の自然系能力者にありがちな驕りが乏しいうえにプロ意識の高い人物で、敵にまわすと非常に厄介な思考と人格の持ち主。
船長のドフラミンゴに対し絶対的な服従心を持っており、ドフラミンゴに自爆を命令された時も顔色一つ変えず、それどころかドフラミンゴに進んで自爆を申し出て、自爆直前もドフラミンゴを「海賊王になる人」と別れと称賛の言葉を述べていた。

活躍

初登場は世界政府が立ち入り禁止とした島パンクハザードで、上陸してきた麦わらの一味を遠方から偵察していたところをウソップに最初に目撃された。その後、研究室でシーザーに一味が島に来たことを伝えてからは、シーザーが毒ガス兵器スマイリーを発動して一味に猛攻を仕掛けるまで研究所で事務仕事をしていた。
しかし、一味が王下七武海ロースモーカー率いる海軍G-5支部の面々と反撃に出ると自らも戦いに参戦し、ユキユキの実の能力を発動して一味のゾロナミチョッパーロビン、及びたしぎG-5支部の海兵達に襲いかかったが、ゾロとたしぎにより返り討ちに遭い重傷を負った。その後、自身が仕える王下七武海ドフラミンゴによる司令でパンクハザードの爆破装置を起動しようとするが、ローの策略によりシーザーに心臓をつららで刺され失敗。
ドフラミンゴの発言から見て、おそらくそのままヴェルゴ共々絶命したとみられる。

10年前、ドレスローザがまだリク王一族の支配下にあった時代は、侍女としてドレスローザの王宮に潜入し、ドンキホーテ海賊団によるドレスローザ乗っ取りの手引きを行っていた。

関連項目

ONEPIECE ワンピース シーザー・クラウン トラファルガー・ロー ヴェルゴ

pixivに投稿された作品 pixivで「モネ(ONEPIECE)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 314729

コメント