ピクシブ百科事典

スマイリー(ONEPIECE)

すまいりー

 スマイリーとは、少年漫画『ONEPIECE』に登場する生物である。

「やつは4年前の爆発事故『そのもの』だ!」

概要

動物系悪魔の実の一つであるサラサラの実モデルアホロートルを食べたスライムで、成分は殺人ガス「H2S(硫化水素)」である。

世界政府所有のパンクハザードを死の世界に変貌させた殺人ガスを、ガスの作成者で元政府科学者のシーザー・クラウンが凝縮してスライムにし、悪魔の実を食べさせる事で誕生した。

触れただけであらゆる生物は死に絶える上、自らの意志で分裂する事ができ、その破片一つ一つが同一の意志を有する。切ったり殴ったりすると毒ガスを吐き出し、燃やすと大爆発を起こす。
そのため、大抵の人間は対抗出来ない。(実際スマイリーから生まれたスライムを撃退できたのは劇中では狐火流で爆炎すら断ち切る錦えもん位である)
悪魔の実の能力者のため、水中を移動することは出来ず、忽ち溶けて毒液になってしまう。
動きは緩慢であるが、シーザーの命令があれば高くジャンプするなど機敏な動作も可能。

パンクハザード編中盤辺りで登場し、シーザーの命令により隔離されていた部屋から島に放たれ、麦わらの一味海軍G-5支部の面々を襲った。
その後、シーザーの作戦により、食べるとガス化して爆発するキャンディーを食べさせられ、スマイリーとしては死滅した。だが、その後はガス兵器“シノクニ”として島内に充満し、一味達を苦しめた。
また、スマイリーが死亡した際にはその辺に置いてあった林檎悪魔の実に変貌を遂げており、「同じ悪魔の実の能力者は一人しかいない」「能力者が死んだら悪魔の実の力は別に移る」という作中で語られている設定に触れている。

関連項目

ONEPIECE パンクハザード シーザー・クラウン スライム

pixivに投稿された作品 pixivで「スマイリー(ONEPIECE)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15776

コメント