ピクシブ百科事典

目次[非表示]

の顔、の胴、差し渡しが二丈(一丈は凡そ3m)に及ぶ巨大な翼を持つ怪鳥
「いつまで、いつまで」と人間が叫ぶような鳴き声をあげる。
一説に打ち捨てられた死人の霊が凝り固まったものと伝えられ、前述の鳴き声には「いつまで屍を放置するつもりなのだ」と言う生者への非難が篭められている、と言う。

出典は鳥山石燕作『今昔画図続百鬼』。太平記の巻12「広有射怪鳥事」に登場した怪鳥を描いたものである。

現代の扱い

ゲゲゲの鬼太郎

妖怪図鑑やボンボンに掲載されている漫画の個体は鳥のような姿だが、5期鬼太郎の以津真天は、まるで翼の生えたサンドワームのような見た目(色合いもあってほぼフルフル亜種)であった。これは、付喪神に似た特徴を持ち、時代と共に姿が変動するため。正体は電話ボックスで、夫との口論で家を飛び出し、頭が冷えて謝罪しようと入るも車が衝突し、かえらぬ人となった女性の思いを伝えようとしていた。

陰陽師

陰陽師』に黄金の羽が生えている少女の妖怪として登場。 ⇒以津真天(阴阳师)

一血卍傑

一血卍傑』に登場するキャラクター。 ⇒イツマデ

女神転生シリーズ

初出は地方都市が舞台で妖怪が多く登場した『デビルサマナー』に”凶鳥”イツマデとして登場。
顔がドクロの青い鳥という姿だった。
真・女神転生ⅣFINAL』ではチャレンジクエスト「探:中古機回収」で、”軍勢”イツマデの群れが登場する。

地獄先生ぬ~べ~

♯105「妖鳥・以津真天」の巻に登場。
ぬ~べ~のクラスの生徒で、杜撰な飼育で死なせた生物を窓から庭に放棄していた金田勝の前にあらわれ、「いつまで」と啼く

新桃太郎伝説

今作に登場する「鵺」は鳥山石燕による以津真天の図の姿をしている。

関連タグ

妖怪 人面鳥 怪鳥 合成獣 鳥山石燕 
(一部の研究家の間では同一視される妖怪)

関連記事

親記事

獣妖怪 けものようかい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「以津真天」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1432163

コメント