ピクシブ百科事典

野性爆弾

やせいばくだん

日本のお笑いコンビ。吉本興業東京本社所属。
目次[非表示]

概要

幼稚園からの幼馴染。高校卒業後の1994年にNSC大阪校に入学し、コンビを結成する。
baseよしもとを中心に活動後、2003年に当時の主要メンバーと共にbaseよしもとを卒業。
baseよしもと卒業後はうめだ花月を中心に活動。また、初の冠番組となる『野爆うめだFandango!』(『野爆テレビ』)が放送開始となる。
うめだ花月の閉館と『野爆テレビ』の終了に伴い、2008年に上京。以降は東京を拠点に活動している。

芸風

コントを行う。設定も演技も大胆で常軌を逸したものであるために、評価はかなり分かれる。
一応くっきーがボケ、ロッシーがツッコミという役割にはなっているが、ロッシーの滑舌の悪さや天然ボケ故に「ダブルボケ」と言われることも多々ある。
唐突なネタ振り、勢いだけで進行し、急に黙る、滑った空気のまま終わらせようとするなど、破天荒な芸風が特徴。

東京進出後は『アメトーーク』などの全国ネットのテレビに出演する機会が増えたが、周囲からは「東京にハマってない芸人」と呼ばれている。ハマっていない理由に関して、一般アンケートでは「時代が追いついていない」。演出家兼プロデューサーの加地倫三は実力を認めつつも「今のテレビ界にはハマる番組がない」、雨上がり決死隊は「急に訳の分からないボケをしだすから、それを許してくれる司会者がいない」と評している。

メンバー

くっきー!
1976年3月12日生まれ。滋賀県守山市出身。ボケ・ネタ作り担当。
旧芸名及び本名は川島邦裕(かわしま くにひろ)。
愛称は「くーちゃん」。別名義に「肉糞太郎」や「肉糞亭スポーツ」など。
長らく本名で活動していたが、2015年に「くっきー」と妙に可愛らしい名前に改名。さらに2019年7月からは感嘆符がつくようになった。

コントの小道具は彼が製作している。また、ネタの台本が嫌いなため、ロッシーには口頭とイラストでの指示をしている。
絵が得意。グロテスクでシュールな独特の世界観で、ショッキングな作品も多いが腕前は高く評価されている。バラエティ番組『プレバト!!』では水彩画など4部門で特待生認定されており、毎回奇抜な作品で先生達を驚かせている。
ギターの演奏を得意とし、作詞作曲も手掛けている。パンクロックバンド「盆地で一位」として1998年から活動し、2008年にはメジャーデビューを果たしている。

「肉糞亭一門」という芸能人たちとのグループを創設しており、先輩・後輩問わず様々な場で活動する芸能人が所属している。

強烈な芸風や、テレビでの傍若無人な言動から怖がられることが多いが、実際には腰が低く礼儀正しい人物であると芸人らから言われている。

ロッシー
1974年4月6日生まれ。滋賀県守山市出身。主にツッコミ担当。
旧芸名及び本名は城野 克弥(しろの かつや)。

かなりのド天然。具体的なエピソードとしては、骨折したNON STYLE石田を病院に連れていくのに、石田を車の運転席に乗せ、本人に言われるまで気付かなかった、というものがある。
大喜利でもその天然っぷりをいかんなく発揮し、お題にそぐわない、周囲が思わず驚くような不思議な回答をすることが多い。
滑舌が悪い。天然ボケも相まって、話が脈絡のない方向に進むこともある。
くっきーのように披露する機会は少ないが、絵が上手い。また、バンド「盆地で一位」ではベースを担当している。

くっきーに倣い、「滑舌亭一門」を創設している。芸人らが多数所属している。

心優しい性格。2017年5月15日の『水曜日のダウンタウン』では「ロッシー何でも受け入れちゃいすぎておっかない説」という特集が放送され、いかにもなドッキリ(非常識で唐突なものがほとんど)も優しく受け入れ、仕掛け人らを心配する様子が映された。


関連タグ

芸人 人類には早すぎる

関連リンク

公式プロフィール

関連記事

親記事

吉本興業 よしもとこうぎょう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「野性爆弾」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 37599

コメント