ピクシブ百科事典

ビートル隊

びーとるたい

ウルトラマンオーブに登場する防衛チーム。
目次[非表示]

概要

SSPキャップである夢野ナオミ叔父渋川一徹が所属する防衛チーム
公式略称はVTL(Versatile Tactical Lerder)。
本部は科学特捜隊DASHと同様、フランスパリに置かれている。

作中では、一徹以外の人員はあまり登場せず、表立った活躍もない(怪獣は大抵オーブが先に倒してしまうため、ジェッタからは「(出動が)遅い」とよく言われている)ため、詳細に関しては不明な点が多い。
しかし、その後第24話および25話にて(日本支部のみではあるが)詳細が明かされた。
また、第1話でシンが「機密機密で隠し事ばっかり」と言っている事から、かなり閉鎖的な組織で、公には明かしていない秘密情報も多数握っているのではないかと推測されている。

17話では度重なるサンダーブレスターの暴走を前に遂にウルトラマンオーブを攻撃対象に指定してしまうが、その際ゼッパンドンよりもオーブを優先ターゲットに指定してしまうという悪手を打ってしまった(もっとも、実際に被害を出しているサンダーブレスターとその段階ではまだ極端な被害は出していなかったゼッパンドンとを比較した場合、オーブが優先ターゲットにされたこと自体は、悪手ではあったがそこまでおかしな判断ではないと思われる)。
ただし、これについては実際出撃したパイロットからも「本当に攻撃するんですか!?」という躊躇いの言葉が漏れており、組織の方針ではなく、上層部がオーブ排斥に傾いた世論を意識しすぎたが故のものと思われる(実際、同話ラストで世論の変調を受けあっさりオーブ撃退の方針を撤回している)。

24話では、身柄を確保したジャグラーからの警告を受け、地底に眠るマガタノオロチへ向けて大陸間弾道ミサイル:スパイナーR1を打ち込むが、逆にその熱エネルギーを吸収されてオロチの復活を許してしまう(もちろん、ジャグラーは最初からこうなることは想定済みで発言しており、ビートル隊は完全に彼の仕掛けた罠に嵌って利用されてしまう形となった)。

最終話では、地上と空中からマガタノオロチへ攻撃を行い、敵の猛攻を受けて大損害を被りながらも、マガタノオロチの弱点が判明するとそこへ攻撃を集中させ、苦戦するオーブとジャグラーを援護する活躍を見せた。

メンバー

※ OP等で名前の記載されている者のみ記述する。

隊員

渋川一徹
演 - 柳沢慎吾
詳しくは担当項目参照。

阿部、田口、津留田、武居
演 - 三濃川陽介(阿部)、高橋麻琴(田口)、西野大作(津留田)、那須佳瑛(武居)
一般隊員。苗字は、すべて本作で監督を担当した人物のものが使われている。

上層部

菅沼龍太郎
演 - 佐野史郎
24~25話に登場した、ビートル隊の日本支部長官。
田口監督によると、軍人ではなく政府関係者らしい。
マガタノオロチ対策の陣頭指揮を執る。
虜囚であるジャグラーに対しても丁寧な口調で接したり、住民の避難が完了していないことからミサイルの発射をためらったりと、良くも悪くも温厚な性格の持ち主として描写されている。
長峯の進言を受け、マガタノオロチへのミサイル攻撃を行うも、結果的にそのエネルギーを利用されてマガタノオロチの復活を許してしまうことになる。
無事にマガタノオロチが倒された際には、表向きは淡々とした態度を取っていたものの、陰では胸を撫で下ろして表情を緩めるというちょっと微笑ましい様子が描かれた。

その他の関係者

長峯、阪井
演 - 伊藤正之(長峯)、中野剛(阪井)
24~25話に登場。いずれも自衛隊の幕僚長で、菅沼の側近。
長峯は、ジャグラーの忠告を受けてマガタノオロチへのスパイナーR1の使用を菅沼に進言するが、阪井はまだ開発段階の兵器であることや、素性の知れない異星人の忠告に耳を貸すことに疑念を抱き、長峯の意見に反対する。

武装

元々『オーブ』の世界には怪獣が殆ど出現してこなかったため、スーパーメカの類はあまり登場せず、比較的現実に即した武装が登場している

武器

スーパーガンリボルバー
隊員の所持しているニューナンブM60に似た拳銃。
第6話では一徹がナックル星人ナグスに対して使用するが通用せず、逆に彼の銃撃を受けて破壊されてしまった。
18話でも一徹がシャプレー星人カタロヒを相手に激しい銃撃戦を展開し、最後の一発で劇的な逆転勝利を飾った。

メカニック

ゼットビートル

ゼットビートル


全長18.5メートル
全幅13.8メートル
重量25トン
最高速度マッハ2.2
ビートル隊の所有する多用途VTOL機で、複数機が配備されている。小舟製作所のスプリングが脱出装置に使われている。
元ネタになったジェットビートルとは異なり、単機での宇宙空間の航行が可能で、第4話ではオーブの手によって宇宙空間へと放逐されたマガパンドンに冷却ミサイルで攻撃を加えている。第15話ではギャラクトロンにも攻撃を加えるが、飛来してきたサンダーブレスターに弾き飛ばされて墜落させられるという憂き目に遭う(パイロットは緊急脱出装置が作動したため一命を取り留めた)。
最終話ではマガタノオロチとの決戦に多数の機体が出撃、多くが撃墜されるが、総攻撃によりマガタノオロチの弱点部位を露出させることに成功し、オーブの勝利に大きく貢献する活躍を見せた。
ミニチュアは『ウルトラマンメビウス』に登場した宇宙ビートル型戦闘機イカヅチの色を青く塗り替えたもの。

スパイナーR1
ビートル隊の保有する大陸間弾道ミサイル。
半径1km一帯を破壊しつくすほどの凄まじい破壊力を秘めているらしいが、まだ開発段階の代物であり、使用にあたっては反対の声もあった。
24話で地底に眠るマガタノオロチへ攻撃を加えるために使用されたが、逆にその熱エネルギーを吸収されてしまう。
名前の由来は、『ウルトラセブン』第28話に登場したスパイナーと第26話に登場した超兵器R1号だと思われる。

余談



関連タグ

ウルトラマンオーブ
Xio:前作の防衛チーム。
AIB:次作の防衛チーム。

pixivに投稿された作品 pixivで「ビートル隊」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5552

コメント