ピクシブ百科事典

財前美智彦

ざいぜんみちひこ

映画『仮面ライダー平成ジェネレーションズ』の登場人物の1人。
目次[非表示]

「まさかあの時の高校生が仮面ライダーになるとはな」

演:佐野史郎

概要

遺伝子医療の研究施設ネクストゲノム研究所所長を務める初老の男性

6年前に世界で初めて確認されたバグスターウイルスの感染者である人物を被験者として人類を究極の生命体へと進化させる研究を行っていたが、そのオペの最中に突如として暴走したウイルスに感染し部下たちと共に消滅(暴走の原因は不明)。
そのまま電脳世界へと追放されて電脳世界の住人となり、そうとは知らない世間では死亡扱いとして処理されていた。

電脳世界の住人=電子生命体になった影響からか、他のメンバー達同様に時折ノイズが走るような演出が入る。また、檀黎斗とも繋がっていたようだが、彼からは「現世に蘇ってはならない存在」と恐れられていた。

電脳世界で6年間何をしていたのかは不明だが電脳世界で独自に研究を続けていたのか、パックマンに特殊なプログラムを植え付けた新型のバグスターウイルス・パックマンウイルスを開発。

どのような手段を用いたのかは不明だが現実世界へと舞い戻った彼はDr.パックマンと名乗って正体を隠すと、幻夢コーポレーションを襲撃してガシャコンバグヴァイザープロトガシャットを強奪。
パックマンウイルスを街に散布して大規模なパンデミックを引き起こし、自身を追放した人類への復讐と散布したウイルスの感染者となった清宮東吾を新たなモルモットとして自身の研究を完成させ、全人類を究極生命体へと進化させようと目論み暗躍していた。

自身の研究を「人類を病気になる事も無く死ぬことも無い存在へと進化させる崇高な目的」と宣うが、実際には目的のためなら手段を選ばず、上記の通り本人の意思に関係なく究極生命体へと進化=怪物にしてしまうという狂気に取りつかれたマッドドクターであり、その理論を聞いた永夢は「お前は医者なんかじゃない‼」と言い切り、怒りをあらわにしていた。

ガシャコンバグヴァイザーを使い、ウイルスを使って洗脳したパックマンを召喚して操る事が出来る他、人間をデータ化してガシャコンバグヴァイザーへと取り込み、ウイルスを散布して強制的に進化させることが出来る。

劇中、新型バグスターウイルスの保菌者である東吾から誕生したハテナバグスターの力を使い、自身の研究から制作した遺伝子モデル通りに自分自身のDNAを組み替える事で究極生命体ゲノムスへと変貌する。

黎斗の彼を恐れるような素振りはあくまで演技だったようで(復活が想定内だったか予想外だったかは不明)、密かにライダーとの戦いを観察していた黎斗に、戦闘データを採取されるという形で利用されていた。
そのデータから新たなガシャットを製作し、仮面ライダーパラドクスが誕生した。

本編

映画の内容が本編と繋がっているため、度々名前が登場する。

本編第15話では永夢にバグスターウイルスを感染させた人物として名前が上がっていた(実際に感染させた黎斗の噓であった)。

本編第22話での黎斗の説明により、高校生時代の永夢を誘拐した切っ掛けは、永夢の体内で成長したバグスターウイルスを採取するよう黎斗から依頼されたからである事が判明した。

そして第29話にて、その成長したバグスターウイルスの正体はパラドである事が発覚した。彼らが消滅するシーンで、一瞬だけ登場する人型のバグスターウイルスがパラドである

関連タグ

仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン ゲノムス

マッドサイエンティスト

コメント