ピクシブ百科事典

鎖帷子

くさりかたびら

鎖アーマー。チェーンメイル。
目次[非表示]

概要

小さなを編んで造られたの一種。古代から中世にかけての世界各地で使われた。

特徴

刀剣など斬撃系の攻撃に対して防御力を発揮する物であり、革製の鎧に比べて丈夫かつ
柔軟性が高く、他の金属製鎧に比べて軽くて動き易く、高い通気性も有り着る負担が低目。
ただなどの刺突型の武器や弓矢の攻撃を受けると編み込みの隙間や輪の中を貫かれ
またメイスなどの鈍器攻撃を喰らった場合ある程度は衝撃を受け流すものの防ぎきるに足る物ではなかった。
また細かく編まれた鎖帷子は作る手間も掛かる為高価であり、貧乏人は代用品として直径3cm前後の金属製のリングを組み合わせて布に縫い付けた簡易版であるリングメイルを使っていたがこれは更にスケスケで弓矢で射られたらひとたまりもなかった。
時代が下るとプレートアーマーの鎧下の一部として使用された。
これは先述の通気性の利点だけでなく外装としてプレートアーマーを介する事で鈍器の打撃の漸減力をさらに上げる事が出来た為である。
西アジアでは通気性の良さや、機動力が長けた軽装騎兵を重要視したため、鎖帷子が好まれ、板金で補強したタイプのモノも使われた。
日本を含む東アジアにおいては、早い段階でスケールメイルや小札鎧(ラメラーアーマー)が発達、主流になっていたため補助的な扱いであった。
特に日本では和装の服の下に目立たない形で着用する事が可能かつ想定される相手の得物が斬りを重視した日本刀のケースが多かった為忍者が好んで使った他、赤穂の浪士や勤王の志士、新撰組がよく使用した。
現代でも防弾チョッキと組み合わせて使用されるケースが有る。

関連イラスト

竜退治
・獅子心王と騎士たち・


アバカンの騎士
十字軍



関連タグ

チェインメイル  甲冑

pixivに投稿された作品 pixivで「鎖帷子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 176418

コメント