ピクシブ百科事典

ダークロプス

だーくろぷす

『ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国』に登場する、カイザーベリアルの作り上げたロボット兵士。
目次[非表示]

データ

種別帝国猟兵
身長45m
体重3万5千t
出身地不明


概要

映画「ウルトラマンゼロTHE MOVIE超決戦!ベリアル銀河帝国」に登場。
かつてウルトラマンゼロを苦しめたダークロプスゼロ量産型。偵察任務や強襲作戦に用いられる。
両手が鋭い螺旋状のになっており、ディメンションコアの代わりにエメラル鉱石をマイナスエネルギーに変換するシステムコアで動いている。そのため相手を別次元に追放するような大掛かりなこそないものの、ダークロプススラッガー、ダークロプスショット、ダークロプススラッシュなどといった以前と同様の技は使える。

3体でフォーメーションを組んで行動し、ゼロを追い詰めることもできるが量産型の例に漏れず戦闘力は抑えられており、(ダークロプスゼロの失敗から機能に制限が掛けられており、尚且つ集団戦を前提にしているためとされる。自意識もハッキリしておらずよりロボットとしての印象が強い)最後は駆け付けたウルトラセブンとゼロのコンビネーションの前に3体とも撃破された。

アナザースペースでもカイザーベリアル率いる帝国の主力兵としてレギオノイド共々多数が活動しており(生産コストが高いのか、激戦区以外ではレギオノイドの隊長機として1~2機程度配備されているようだ)、ゼロはアナザースペースにやって来て間もない時は何度かダークロプスと間違われていた。迷惑な話である。

ゼロのいない宇宙で…


後に100万体の大軍勢が光の国に攻め込んだが、ウルトラ戦士と(あの御方)の活躍によって撃破された。
ウルトラベルウルトラキーがウルトラの星にあったとはいえ、3人一組でゼロを追い詰めるほどの実力を見せたダークロプスの軍団であり、ウルトラ戦士の古株でもあったベリアルの見立てでもウルトラの星壊滅は避けられないものだったが、宇宙警備隊の練度が高かったこともあるだろうが、まさかの最高戦力の介入で再び水の泡と消えた。

ちなみに宇宙警備隊には100万人の隊員が所属しているが、実力差や他の支部などに行っていた者を考慮すれば100万体のダークロプスは本来なら十分な数と言えたかもしれない。

関連項目

ダークロプスゼロ - 試作機。ダークロプスは当初登場予定のなかったキャラクターだが、ダークロプスゼロの人気が高かったため急遽登場する事になったという経緯がある。『ウルトラマンジード』ではダークロプスゼロが複数登場している(残されていた他の試作機の可能性も指摘されている)。ちなみにゲーム作品ではダークロプスゼロがダークロプスの代役として複数一度に登場する事があった。

ウルトラマンベリアル カイザーベリアル ロボット ウルトラ怪獣
戦闘員 モノアイ ニセウルトラマン レギオノイド 
キングジョー インペライザー
ザク・・・モノアイで量産機であるという共通点がある。
コマンドロイド パンテオンシリーズ ヤッター兵・・・正義の味方をモデルにした量産型の敵。
パンテオンシリーズはモノアイでヒーローをモデルにした量産機であるという点が共通している。

pixivに投稿された作品 pixivで「ダークロプス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9294

コメント