ピクシブ百科事典

ゴドラ星人

ごどらせいじん

「ゴドラ星人」は、『ウルトラセブン』に登場する宇宙人。
目次[非表示]

概要

身長2 - 52メートル
体重120キログラム - 4万5000トン
種別反重力宇宙人
武器手から放つリング状の光線(通称:ゴドラガン)・捕獲用カプセル
CV小林恭治(セブン)、郷里大輔(平成セブン)、尾関伸嗣・岸哲生(ジード)


ウルトラセブン』第4話「マックス号応答せよ」で初登場した宇宙人

ウルトラセブン

原子力タンカー2隻、海上保安庁の調査船、マックス号を同じ海域で狙うことで、船が消失した海域に地球防衛軍の注意を向けた隙に地球を征服しようと企んだ。

手始めに地球人の女性(演:水上竜子)に変身してダンに接触し、彼からウルトラアイを奪うことに成功した。

赤タイツのゴドラ星人の黒い愛車。


その後まんまとマックス号を宇宙へ運ぶことに成功。さらに別個体が捜索に来たウルトラホーク2号を奪い、フルハシ隊員に化けてウルトラ警備隊基地に侵入、第二動力室の原子炉に爆弾を仕掛けて基地を破壊しようと企むも、フルハシの行動を怪しんだダンに見つかってしまうが、逆に捕獲用カプセルの中に閉じ込める。

だがギリギリのところでカプセルを壊したダンが脱出してしまい、ウルトラアイも取り返されたため等身大のセブンと戦闘しエメリウム光線で倒され、爆弾を仕掛けたもう一体がダンに変身してアンヌを連れ去ろうとするもセブンに止められ、アイスラッガーが顔面に直撃して逃走、巨大化しセブンと戦ったがエメリウム光線で倒された。

爆弾もマックス号から脱出してきたアマギ隊員の助言を聞いたキリヤマ隊長達によって解除され、ゴドラ星人に乗っ取られたマックス号爆破のためセブンが宇宙へ運び、マックス号内の個体も隊員たちやセブンによって全員が倒された。

本編では合計7名のゴドラ星人が登場したが、スーツは一着のみである。

ウルトラファイト

レギュラーキャラとして登場。
ゴドラ忍法なる忍術を駆使してウルトラセブンや他の怪獣と戦った。
バルタンよりも忍者っぽいという声も。

平成ウルトラセブン

35周年記念作品「EVOLUTION5部作」に登場。

地球防衛軍を造反したイナガキ参謀と共謀し、ペガッサ星人の過激派と手を組み防衛軍上層部の幹部を拉致してすり替わった。
地球防衛軍基地を制圧し、最高機密オメガファイルを盗み出そうとしたが、シラガネ隊長との一騎打ちの前に敗れ去った。

声優は『ウルトラマンメビウス』でテンペラー星人デスレムといった名悪役を演じた故・郷里大輔氏。

ウルトラマンジード

反重力宇宙人  ゴドラ星人  ゴドー=ウィン


第16話「世界の終わりがはじまる日」に登場。
映像作品への出演は上記の平成セブン以来であり、さらにテレビシリーズ本編への出演は、『ウルトラセブン』以来50年ぶりとなる。また、第16話の翌日はゴドラ星人が初登場した放送日と同じである。

本作では種族の繁栄の為にリトルスターを奪い去ることを目的としており、今回は総勢2名の個体が登場した。

そのうちの1名がAIBの研究員:“ゴドー=ウィン”として組織内に潜入、手始めに計画の障害になるゼナに対し、本部からの帰還命令があったと虚偽の報告を行って現場から撤収させ、手薄になったところで研究員の1人であったトリィ=ティプを人質に取り、施設内にいたリトルスター保持者を連れ去ろうとする。
しかし、一瞬のスキを突かれてライハに反撃されてしまい、格闘戦に敗れて降伏を命じられるが、追い詰められたゴドラはそのまま施設を破壊しながら巨大化。駆け付けたジードと戦闘になる。
ジードと激しい戦いを繰り広げていたが、そこへ突如ベリアルが乱入。ベリアルが生きていたことに驚いていたが、その直後にギガバトルナイザーから放たれたベリアルデスサイスの直撃を受けて体を切り裂かれ、爆死した。

AIB本部に潜入していたもう1人もゼナとの格闘に敗れて身柄を拘束され、第17話で母星へと転送された。

ゼナと格闘した個体は『ウルトラゼロファイト』のヒッポリト星人・地獄のジャタール、『ウルトラマンX』のナックル星人バンデロ、『ウルトラマンオーブ』のナックル星人ナグスの声を演じた岸哲生である。

その他の登場

かがやけウルトラの星

内山まもる氏の漫画作品。

メフィラス星人の配下として登場。バルタン星人メトロン星人ガッツ星人ナックル星人巨大ヤプールらと共に日本壊滅作戦に着手した。怪獣軍団を率いて東北を強襲するもウルトラセブンに阻まれ、他の幹部共々倒された。

ウルトラ怪獣擬人化計画 feat. POP Comic code

「私…彼に後ろから追っかけてきてほしかった…
 あの人の前では…どうしても無防備になってしまう私がいるのです」

ゴドラ星人(POP)


風上旬氏の漫画作品。

怪獣墓場学園女子高生として暮らすゴドラ星人が登場。
カジノを兼ねた豪邸で暮らしており、なぜか性格・口調がお嬢様染みた高飛車尊大なものになっている。

姿は変わっているが『セブン』本編のゴドラ星人と同一人物で、本作では女性に化けた個体=巨大化してセブンと戦闘した個体という解釈になっており、さらに任務中にセブン=ダンに一目惚れしてしまったことをぶっちゃけている(このことから、どうやら生前から女性であったらしいことが窺える)。その後、「地球に行ったらダンに会わせる」ことを条件に、メフィラスの侵略計画に協力することになる。

同じくダン=セブンに好意を抱いているメトロン星人とは初対面時から意気投合しており、地球を訪れてからも2人仲良く写真を撮ったりととても仲が良い。

余談

  • 現存している成田亨によるデザイン画では普通の手をしており、特徴的なハサミ状の手は後に追加されたものである。この手はゴドラガンといわれている。またペガッサ星人のデザインとはネガとポジの関係であるという。
  • 名前の由来は、調査船マックス号を奪うシナリオに登場することから、船→ゴンドラから名づけられたといわれる。


関連項目

ウルトラ怪獣
ウルトラマンマックス - ゴドレイ星人という名前がよく似た宇宙人が登場する。姿は似ていないが。

pixivに投稿された作品 pixivで「ゴドラ星人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 35677

コメント