ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

身長2 - 52メートル
体重120キログラム - 4万5000トン
種別反重力宇宙人
武器手から放つリング状の光線(通称:ゴドラガン)・捕獲用カプセル
CV小林恭治(セブン)、郷里大輔(平成セブン)、尾関伸嗣岸哲生(ジード)、東條達也(タイガ)

ウルトラセブン』第4話「マックス号応答せよ」で初登場した宇宙人。


能力

腕の先からリング状のビーム「ゴドラガン」や対象を閉じ込める「ゴドラカプセル」を形成する凝固液を発する。

また、飛行能力や変身能力、テレポート能力を持つ。反重力宇宙人の名前の通り、赤い霧で包んだ対象を浮かせる事が可能。


ウルトラセブン

原子力タンカー2隻、海上保安庁の調査船、マックス号を同じ海域で狙うことで、船が消失した海域に地球防衛軍の注意を向けた隙に地球を征服しようと企んだ。


手始めに地球人の女性(演:水上竜子)に変身してダンに接触し、彼からウルトラアイを奪うことに成功した。

赤タイツのゴドラ星人の黒い愛車。

その後まんまとマックス号を宇宙へ運ぶことに成功。さらに別個体が捜索に来たウルトラホーク2号を奪い、フルハシ隊員に化けて地球防衛軍極東基地に侵入、第二動力室の原子炉に爆弾を仕掛けて基地を破壊しようと企むも、フルハシの行動を怪しんだダンに見つかってしまうが、逆に捕獲用カプセルの中に閉じ込める。


だがギリギリのところでカプセルを壊したダンが脱出してしまい、ウルトラアイも取り返されたため等身大のセブンと戦闘しエメリウム光線で倒され、爆弾を仕掛けたもう一体がダンに変身してアンヌを連れ去ろうとするもセブンに止められ、アイスラッガーが顔面に直撃して逃走。

最後は巨大化しセブンと対峙するが、敵わないと判断したのか突然背を向けて逃走(一瞬相手に向かっていこうとするかのように前進するも、即座に方向転換している)、当然セブンが見逃すはずもなく、背後からエメリウム光線を浴びせられてあっけなく爆死した。


爆弾もマックス号から脱出してきたアマギ隊員の助言を聞いたキリヤマ隊長達によって解除され、ゴドラ星人に乗っ取られたマックス号爆破のためセブンが宇宙へ運び、マックス号内の個体も隊員たちやセブンによって全員が倒された。


本編では合計7名のゴドラ星人が登場したが、スーツは一着のみである。


ウルトラファイト

レギュラーキャラとして登場。

ゴドラ忍法なる忍術を駆使してウルトラセブンや他の怪獣と戦った。

バルタンよりも忍者っぽいという声も。


平成ウルトラセブン

反重力宇宙人 ゴドラ星人 2代目

35周年記念作品「EVOLUTION5部作」に登場。


ペガッサ星人の過激派と手を組んでおり、イナガキ参謀を騙して利用しつつ地球防衛軍幹部を拉致して同胞とすり替えていた。その結果、防衛軍本部は異星人たちの巣窟となっており、ウルトラ警備隊の解散を命令するなど地球制圧に王手をかけていた。


しかし、シラガネ隊長率いるウルトラ警備隊が彼らの陰謀に気付き、最高機密オメガファイルをダウンロードしたうえで本部を爆破しようと試みる。正体を現したゴドラ星人は精神波発生装置で隊員たちを昏倒させ、夢を見せている間にオメガファイルが収められたディスクを奪取した。シラガネ隊長に見せた悪夢は「かつて防衛軍本部に爆弾が仕掛けられ、妻と子が事故死した人生最悪の一日が無限ループする」という特に凄惨なものだったが、シラガネは妻との強い絆で悪夢を振り切り目覚めてしまう。


逃げきれていなかったゴドラ星人はシラガネ隊長に追跡され、崖際に追い詰められる。最後はゴドラガンでシラガネの殺害を図るも、紙一重で回避されると同時にカウンターでウルトラガンを撃ち込まれて絶命。ディスクも奪還されてしまった。本部も爆破されたので地球へ潜入していた同胞たちの多くも死亡したと思われる。


声優は後に映画『ウルトラマンコスモス2 THE BLUE PLANET』のサンドロス、『ウルトラマンメビウス』でテンペラー星人デスレムといった名悪役を演じた故・郷里大輔氏。

昭和の個体やジードとは異なり、口に当たる発光体の色が黄色く、瞳の色はオレンジ一色になっているなどの微妙な差異がある。


ウルトラマンジード

反重力宇宙人  ゴドラ星人  ゴドー=ウィン

第16話「世界の終わりがはじまる日」に登場。

映像作品への出演は上記の平成セブン以来であり、さらにテレビシリーズ本編への出演は、『ウルトラセブン』以来50年ぶりとなる。また、第16話の翌日はゴドラ星人が初登場した放送日と同じである。


本作では種族の繁栄の為にリトルスターを奪い去ることを目的としており、今回は総勢2名の個体が登場した。


そのうちの1名がAIBの研究員“ゴドー=ウィン”として組織内に潜入、手始めに計画の障害になるゼナに対し、本部からの帰還命令があったと虚偽の報告を行って現場から撤収させ、手薄になったところで研究員の1人であったトリィ=ティプを人質に取り、施設内にいたリトルスター保持者を連れ去ろうとする。

しかし、一瞬のスキを突かれてライハに反撃されてしまい、格闘戦に敗れて降伏を命じられるが、追い詰められたゴドラはそのまま施設を破壊しながら巨大化。駆け付けたジードと戦闘になる。

ジードと激しい戦いを繰り広げていたが、そこへ突如ウルトラマンベリアルが乱入。ベリアルが生きていたことに驚いていたが、その直後にギガバトルナイザーから放たれたベリアルデスサイスの直撃を受けて体を切り裂かれ、爆死した。


AIB本部に潜入していたもう1人もゼナとの格闘に敗れて身柄を拘束され、第17話で母星へと転送された。


ゼナと格闘した個体は『ウルトラゼロファイト』のヒッポリト星人・地獄のジャタール、『ウルトラマンX』のナックル星人バンデロ、『ウルトラマンオーブ』のナックル星人ナグスの声を演じた岸哲生である。


皮肉な事にジードでは平成セブンで手を組んだペガッサ星人が株を大きく上げている展開になっている(なお、元々平成セブンの時点でペガッサ星人には穏健派が存在しているのだが…)。


ウルトラマンタイガ

第23話「激突!ウルトラビッグマッチ!」に登場。

ザラブ星人スラン星人と共にヴィラン・ギルドの障害となるウルトラマン達を排除しようと画策し、チブル星人マブゼに協力する。

3人の中では真面目な性格で、ふざけたようなボケをかますザラブ星人に「話にならん!」と怒りを爆発させたりしたが、自身も「いっそ、ウルトラマン達を一掃出来たらなあ」というダジャレを偶発していた(スラン星人から指摘された時は「ちげえよ、全然ちげえよ」と否定したが)。


最終的にはウルトラマントレギアに陽動されたニセウルトラマンベリアル他の3人共々ビルごと叩き潰されるという最期を遂げた


ちなみにザラブ星人、スラン星人とは「ウルトラマンもしくはその変身者に化けた」「ベリアルと何らかの接点がある(ザラブ、ゴドラはベリアルに倒され、スランは共にエタルダミーとなった)」という共通点がある。


ウルトラギャラクシーファイト大いなる陰謀

3万年前に行われたウルトラ大戦争にて、エンペラ星人の命令でナックル星人ババルウ星人らと共にウルトラマンケンウルトラマンベリアル・アーリースタイルの2人の足止めをしていた。

最終的にはベリアルの爪による斬撃を受け爆死した。

出番はごくわずかだったが、ジードに続きここでもまたベリアルによって死亡する運命を辿ることとなった。


ウルトラマンデッカー最終章 旅立ちの彼方へ…


その他の登場

漫画『かがやけウルトラの星』

内山まもる氏の漫画作品。


メフィラス星人の配下として登場。バルタン星人メトロン星人ガッツ星人ナックル星人巨大ヤプールらと共に日本壊滅作戦に着手した。怪獣軍団を率いて東北を強襲するもセブンに阻まれ、他の幹部共々倒された。


てれびっこ『ウルトラセブン』

ウルトラセブンショーなる寸劇を唐突に始める。

エメリウム光線、アイスラッガー、ワイドショットと言った、数々の技を叫ぶとともにポーズを決めるとその言葉が文字となって放たれていくが、BGMがアップテンポになるにつれて動作も早くなっていき、最終的には疲れ果てて倒れ込んでしまう。


小説「変身障害

セブン本編で倒されたゴドラ星人本人が登場。高度な科学力でセブンから受けたダメージから無事回復しており、40代半ばの熟女「後藤」として地球で密かに潜伏していた。

既に侵略の意思はなく人間に化けて地球でひっそり暮らそうとしていたが、突如本来の姿に戻れなくなる「変身障害」が発生、他の宇宙人達と共に原因解明に乗り出した。ウルトラセブンをあまり好ましく思っていないからか、ウルトラセブンに変身出来なくなったと証言する男には終始冷たい態度で接していた。


漫画『ウルトラ忍法帖

朧党の忍獣として登場。堕痢めひらすに誤って踏み殺されたため怪夢瑠に呼び出された。本人は作品をアニメだと思い込んでおり、漫画とわかった途端やる気を無くして手を抜いた外見と化し、めひらすを激怒させた。

その後は登場話の30ページ中9ページも朧党で使ったことで怒って隠し砦に殴り込んだウル忍と戦うが、場所が毎度お馴染みいつも通りの幽鬼ヶ原のためウル忍もやる気を無くし全員手抜き外見と化してめひらすに殴られてしまう。戦闘では風邪のウイルスを集めたビニール袋(効果を見せるために中身をストローで吸って自分の具合が悪くなってしまった)をマンに被せるが、バカのために効かずメタリウム光線で倒された。だがまだページが残っていたためタロウが心臓マッサージで蘇生させる。息を吹き返した時あの世で死んだ祖父に追い返されたという臨死体験をウル忍に語り全員感動するも、丁度ページが無くなったためウル忍3人の光線で再び倒された。


漫画『ウルトラファイト番外地

『ウルトラファイト』にてバルタンがハサミではない普通の手で角材を持って戦ったのは有名な話であるが、本作ではゴドラがハサミではない普通の手で角材を持って乱闘を繰り広げるエピソードがある。



余談

  • 現存している成田亨によるデザイン画では普通の手をしており、特徴的なハサミ状の手は後に追加されたものである。またペガッサ星人のデザインとはネガとポジの関係であるという。
  • 名前の由来は、調査船マックス号を奪うシナリオに登場することから、船→ゴンドラから名づけられたといわれる。
  • セブンとの戦闘BGMは主題歌のNG版。現在では「ウルトラセブンのうた2」のタイトルがつけられている。ペガ星人との戦闘の他、ゾフィーの登場BGMとしても使用された。
  • 前回に続いて女性(に化けた星人)にウルトラアイを盗まれたため、ダンは女性に弱い説が囁かれるようになってしまった。
  • 『ジード』メイン監督の坂本浩一は、放送された2017年が『ウルトラセブン』放送50週年に当たることから同作品の登場怪獣を多く登場させており、ゴドラ星人もその1つとして採用した。
    • またゴドー=ウィンの名前の由来はSF作家のトム・ゴドウィンである。
  • 『タイガ』第23話の脚本を担当した皐月彩は、本話のゴドラ星人を「パワハラ気味」とキャラ付けしており、『ウルトラ怪獣散歩』っぽいノリであったと述べている。

関連イラスト

こう見えても女性に化ける自信がありますゴドラ星人

マックス号応答せよ!ウルトラセブン#4~6


関連タグ

ウルトラセブン ウルトラ怪獣

宇宙人

ゴドラ星人(ウルトラ怪獣擬人化計画)


ゴドレイ星人:『ウルトラマンマックス』に登場する名前がよく似た宇宙人。容姿にも若干だが意匠が見られる。

関連記事

親記事

セブン怪獣 せぶんかいじゅう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 93579

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました