ピクシブ百科事典

宇宙細菌ダリー

うちゅうさいきんだりー

宇宙細菌ダリーとは『ウルトラセブン』に登場する宇宙細菌(怪獣)の名称である。
目次[非表示]

データ

登場作品:『ウルトラセブン
第31話『悪魔の住む花』登場

別名:宇宙細菌
身長:1ミリメートル
体重:0.1グラム
出身地:宇宙空間

概要

血液中のフィブリノーゲンを食料としている宇宙細菌の一種。

卵を花の花びらに擬態させ、本物の花だと勘違いし、接触した生物の体内に入り込み寄生、体内へと侵入し、食料となる血液中のフィブリノーゲンを摂取。更に寄生された生物を吸血鬼へと変貌させ、口から生物を麻痺させる白い霧状の『フォッグ光線』を使用し、他の生物から宿主の不足する血液を供給し、精力を付けていく。
そして最終的に寄生された生物は極度の貧血状態へと陥り、衰弱死してしまう。地球の現代医学では治療法は未だ確立されていない為、発症すればまず助からない。

劇中、卵の殻を本物の花びらだと思って口付げした少女・香織に寄生して彼女を吸血鬼に変え、夜な夜な同じ血液型の人々を襲わせていた。

血管に張り付き、フィブリノーゲンを貪っていた所、彼女を助けるべくセブンが体内に侵入。出来るだけ体内を傷つけないように調整したエメリウム光線を受け、食事の邪魔をされて怒ったダリーは、戦闘に突入。
セブンが人の体内ではむやみに攻撃できない事に気づいてか、それをよい事に、口から吐き出す白い霧状の粘液でセブンを苦しめるも、ウルトラ警備隊が投与したで体内環境が変わり、その影響で体力を回復させたセブンのエメリウム光線で撃ち落とされた挙句、ウルトラバブルを受けドロドロに溶かされてしまい消滅した。

余談

  • 1993年に発売されたSFCソフト「ウルトラセブン」ではステージ8で戦う。原作同様に戦うが、ウルトラバブルの代わりにワイドショットでとどめを刺す。ステージクリア時は「ダリー 撃破!!」の文字に花の中央にセブンがいるカットで終了する。またVSモードでプレイヤーのうち、どちらかがダリーを選択するとステージが必ずダリーと戦った場所に固定される。(片方が怪獣や宇宙人、ロボットを選んでも固定である)
  • 本来、「細菌」とは定義の上では単細胞生物なのだが、実際の造形は眼や顎、四肢に副脚等を持った節足動物のそれである。その為、しばしば「微生物には違い無いのだろうが、むしろ『宇宙プランクトン』と呼んだ方が実情に合っているのでは?」というツッコミも為される。
  • 当該エピソードにおいて香織を演じたのは、当時は全くの無名、しかし今や日本屈指の女優となった松坂慶子
  • 美術チーフであった成田亨氏が第30話で降板したため、美術助手であった池谷仙克氏が初めてデザインした怪獣である。納品された際はオレンジ色だったが、現場でピンク色に再塗装された。
  • 名前の由来はミクロ化技術で潜水艇ごと体内に入り治療するというシチュエーションのSF映画『ミクロの決死圏』の、映画美術を担当したと誤解されていたシュルレアリストサルバドール・ダリからである。


関連タグ

ウルトラセブン ウィルス 細菌 寄生虫

pixivに投稿された作品 pixivで「宇宙細菌ダリー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11550

コメント