ピクシブ百科事典

テツオン

てつおん

テツオンとは、ウルトラマン80に登場する怪獣である。
目次[非表示]

データ

  • 身長:170cm
  • 体重:100kg
  • 別名:少年怪獣
  • 出身地:東京近郊
  • CV:高橋和枝

概要

第39話「ボクは怪獣だ~い」に登場。
野球が好きな冴えない小学生田畑テツ男少年が、突然舞い降りた円盤に入っていた宇宙植物のを偶然飲み込んだ後、いびきをかいて眠りながら変身してしまった怪獣

テツ男少年は野球は好きなものの三振ばかりで、勉強も苦手という少年だったのだがこのテツオンになってからはホームランを連発し、勉強も簡単にできるようになるというバラ色の人生となった。

これといった武器は無いが、テレポーテーションサイコキネシスといった超能力を使うことが出来る。

外見こそ怪獣だが、中身はテツ男少年そのもので少々わがままだが心優く甘いもの、特にケーキが大好物で一度に30杯も平らげる。

商店街の新春仮想大会に出演して優勝したり、ケーキと引き換えに同級生たちの宿題を片付けたり、浪人生の家庭教師になったりと彼の人生は上手く行ったように見えたが、勉強が出来すぎたためだんだん友達から疎まれるようになり、両親に家に入れてもらえず、当初はこの姿なら何でもできると思い元の人間に戻りたがらなかったテツ男も空腹や孤独感から元に戻りたいと泣き出したため、ウルトラマン80が体内に突入。

80と宇宙植物の戦闘で腹痛に苦しむも、80が宇宙植物を倒すと元の姿に戻った。

宇宙植物

宇宙植物


  • 別名:寄生生命体
  • 身長:2mm
  • 体重:0.5g
  • 出身地:宇宙

宇宙から円盤(実は風船のようなものだったらしい)にのって種の状態で飛来し、種を偶然飲み込んだテツ男をテツオンに変えた張本人。

テツ男の体内に根を張り、テツ男を体から分泌した麻酔液で眠らせた後、体内にあるメタモルタンクから作られたメタモル液でテツ男の細胞を作り替え、怪獣にした。

普段は大人しいが、敵が接近すると触手で攻撃し、花弁と本体が分離する。

最期は80のサクシウム光線を受け消滅。それと同時にテツオンも元のテツ男に戻った。

なお、その正体は“宇宙のどこかの誰か(異星人子供?)が、花の種を風船に括り付けて大空へと飛ばすような感覚で宇宙へと飛ばした花の種のようなものではないか?と”物語の最後で憶測されていた(つまり、今回の事件は偶発的な事故だったということ)。

関連タグ

ウルトラマン80 ウルトラ怪獣 少年 
カネゴン…少年が変身した怪獣つながり。
ブースカ…そっくりさん。

pixivに投稿された作品 pixivで「テツオン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1824

コメント