2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

寄生生命体宇宙植物

きせいせいめいたいうちゅうしょくぶつ

寄生生命体宇宙植物とは『ウルトラマン80』に登場する植物である。
目次[非表示]

データ

  • 別名:寄生生命体
  • 身長:2mm
  • 体重:0.5g
  • 出身地:宇宙


概要

第39話「ボクは怪獣だ~い」に登場。
宇宙から円盤(実は風船のようなものだったらしい)にのって種の状態で飛来し、種を偶然飲み込んだテツ男をテツオンに変えた張本人。

テツ男の体内に根を張り、テツ男を体から分泌した麻酔液で眠らせた後、体内にあるメタモルタンクから作られたメタモル液でテツ男の細胞を作り替え、怪獣にした。

普段は大人しいが、敵が接近すると触手で攻撃し、花弁と本体が分離する。

最期は80のサクシウム光線を受け消滅。それと同時にテツオンも元のテツ男に戻った。

なお、その正体は“宇宙のどこかの誰か(異星人子供?)が、花の種を風船に括り付けて大空へと飛ばすような感覚で宇宙へと飛ばした花の種のようなものではないか?と”物語の最後で憶測されていた(つまり、今回の事件は偶発的な事故だったということ)。

ナレーター「テレビを見ている君も、変なものを口に入れると、怪獣になっちゃうかもしれないぞ!気を付けて!」

以前は別名はつかず、単に宇宙植物と記述されていた。
「植物」なのに「寄生生命体」と言うのも妙だが、宇宙は広いと言うことだろう。

余談

この宇宙植物によって怪獣化したテツ男は、劇中では空腹のあまりパン屋で品物を食い逃げするなどの騒ぎを起こしはしたが、その怪獣としての能力の使用を子供らしく遊びの範疇で留めている。
もし寄生されたのが彼では無く、邪な心を持った人間が変身していた場合、大きな事件になっていた可能性があった。テツ男やその両親にとっては途方も無い災難ではあったが、テツ男が心までも怪獣になってしまう様な人間では無かったのは不幸中の幸いだったとも言える。

関連タグ

ウルトラマン80 テツオン ウルトラ怪獣
宇宙細菌ダリー…人間の体内に寄生し、人外の存在に変貌させた生物繋がり。

関連記事

親記事

テツオン てつおん

子記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「寄生生命体宇宙植物」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 321

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました