ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ノイズラー

のいずらー

「ノイズラー」とは、特撮ドラマ『ウルトラマン80』に登場するウルトラ怪獣。
目次 [非表示]

DATA

騒音怪獣ノイズラー

別名:騒音怪獣
身長:60m
体重:4万t
飛行速度:マッハ5
出身地:宇宙
デザイン:山口修
初登場:ウルトラマン80』第7話「東京サイレント作戦」

概要

騒音怪獣 ノイズラー

ウルトラマン80』第7話「東京サイレント作戦」に登場。

音を主食とする(※1宇宙怪獣で、大きな耳で音を探知する。

好みは新幹線やジェット機、エレキサウンドといった音で、シルバーガルやスカイハイヤーといった騒音対策のされている音は嫌い。

近くにノイズラーがいると、食べられた音が聞こえなくなる。

一番の好みはギターの音で、矢的猛の学校のバンドのギター演奏に合わせて踊るなどコミカルな描写もある。


武器は目から発射する光線「レッドサイレンサー」と、カッター状になっている翼。また、「怪獣空手なる謎の武術を習得している裏設定がある。

弱点はなんとウルトラマンのカラータイマーの音で、これを聞くと大人しくなってしまう。


ノイズラー

中央アルプスで超音速旅客機を撃墜した後日本へと飛来、UGMの東京サイレント作戦で眠りについていたが、猛の学校の生徒がギター演奏を始めてしまったため起きてしまい、その演奏を気に入って生徒達を追いかけ回したが、ウルトラマン80と交戦。


サイレント作戦での怒りをぶつけるかのように80と戦い、80とボクシング相撲、空手と様々な格闘技で勝負したが、最終的にはカラータイマーの音を聞いて戦意を完全に喪失、そのまま80に誘導されて宇宙に連れ帰された(※2)。


結果的には旅客機を撃墜したり、市街地に出現して都市機能に大きな悪影響を及ぼすなど人類側に多大な被害を齎しはしたが、ノイズラー自身はあくまで食事を目的に地球へとやってきただけで、破壊や侵略などの明確な悪意を持って行動していたわけではない。実際、新幹線の前に現れた際は興味深そうに持つ事はあったもののそのまま破壊した描写はなく、超音速旅客機の撃墜も恐らく意図せずに起こしてしまった事故だったと思われる。

80が彼を退治せずに宇宙に送り返すだけという寛大な処分に止めたのも、そうした事情を汲んでの事だったのだと思われる。


※1…厳密には植物が太陽光を利用して栄養を作り出すのと同じように、音波を吸収して自身の代謝に利用する事で、生存に必要な養分かエネルギーを作り出していると考えられる(『ウルトラビッグファイト』における考察)。もっとも、宇宙空間では音は発生しないため、ノイズラーの吸収している音は人間の考えるものとは別か、あるいは普段は音が伝達する大気のある星で生きているのかもしれない。


※2…この時、明らかに80と会話しているかのような仕草を見せていた事から、他の知的生命体ともある程度は意思の疎通ができる可能性が高い。仮にそうだとした場合、怪獣の中では比較的高い知性を持っている事が考えられる。


ただし、ノイズラー自体は種族単位で特別温厚な怪獣というわけではない

『80』の時はたまたまカラータイマーの音を聞いて鎮静化し、そのまま80の誘導に従って大人しく宇宙に帰還したからこそ結果倒されずに済んだのであって、状況によっては暴れ続けた故にやむなく80に倒されるという結末を迎える可能性も十二分にあった。

レッドキングなどの元来好戦的な怪獣に比べれば確かに大人しいのかもしれないが、あくまでコミカルな描写が多かっただけで、生理行動によって市街地に出現するというムーブ自体は他の怪獣とさほど変わらない。

また、東京サイレント作戦によってある程度の被害を抑えられていた事も大きく、もしUGMがノイズラーを放置していた場合、より被害が拡大していた可能性も否定はできない。

如何に憎めない一面があるとはいえ、人間の立場からすれば決して人畜無害な怪獣とは言い切れないのである。

後々のシリーズで何度か取り上げられる怪獣との共存というテーマにおいて、ある意味怪獣との向き合い方について考えさせられる良い一例と言えるかもしれない。


ウルトラギャラクシーファイト大いなる陰謀

『80』第7話以来、41年ぶりに映像作品に登場した。

スーツは後述のクラウドファンディングで製作されたものを使用している。


経緯は不明だが、ザンドリアスと共に綾香市に出現。

デビルスプリンター捜索のため不在であった事から、ウルトラウーマングリージョと交戦、戦い慣れしていないグリージョを2匹で痛めつけたが、最後は奮起した彼女の猛反撃を受けた挙句、必殺技のグリージョショットを浴びせられ、2匹揃って地球から退散していった。


なお、この戦闘シーンの1部はPVでも映っていたため事前情報があり、メンツがメンツなだけに一部ファンからは優しい世界しか見えないといった感想も出ていた。

実際、2匹の撤退後にグリージョが「もう悪さしちゃダメですよ」と言っているところを見ても、彼女は最初からこの2匹を倒すつもりはなく、あくまで撃退させる事が目的だった模様。


なお、本作では80本人に加え、(登場したエピソードが異なっていたため残念ながら共演はできなかったものの)『タイガ』でスーツの新造されたギマイラも客演している。


ウルトラマンデッカー

第14話「魔神誕生」に登場(OPでも、デッカー・ミラクルタイプと戦闘しているシーンがある)。

『80』放送後、42年ぶりのTVシリーズ出演となった。

また、『80』怪獣がウルトラマンと戦うのは、前作『ウルトラマントリガー』のギマイラに続いて2年連続となる。


冒頭、主食である騒音を求めて都市部を襲撃。

ウルトラマンデッカーテラフェイザーと戦い、目からの光線や高速飛行で抵抗するも、最期はウルトラデュアルソードとTRメガバスターの二段攻撃に敗れ爆発四散した


ノイズラーァァァァァっ!!!⁉

初登場から42年、これまでウルトラマンに追い返されただけだったノイズラーだが、初のウルトラマンに倒されて死亡した個体となった。

42年ぶりのTVシリーズ再登場でありながら、メインとはならず呆気なく退場してしまったため、出番の少なさを嘆くファンの声も聞かれた。

…もっとも、この第14話ではさらに怒涛の展開が用意されていたため、ノイズラーの出番が前座程度に留められていたのも致し方なしか。


また『80』での愛嬌のあるイメージ故、倒された事にショックを受けた視聴者もいたようだが、上記の通りノイズラーは憎めない一面があるとはいえ種族単位で特別温厚というわけでも、人間にとって決して人畜無害な怪獣というわけでもない

騒音を主食にしている以上、人間社会への実害は避けられず、さらにスフィアのバリアの影響で『80』の時のように宇宙へ送還するという手段も取れないため、明確な悪意がなくとも人間(とウルトラマン)の手によって倒されたのはやむを得なかったのだろう。

そして、悪意のないイメージがあるノイズラーが倒された事(それにウルトラマンが図らずも加担してしまった事)自体が、ある意味テラフェイザーの正体への伏線と見る事もできる。


なお、出番が短かったが故に、本作ではどういった経緯で地球に来ていたのか、そもそもいつ頃から地球にいたのかといった背景も不明のまま終わっている(倒された後に放送されたニュースで名前が出ていた事から、既に存在自体は知られていた模様)。『80』の時と同じく宇宙怪獣であると仮定すれば、スフィアがバリアを展開するより前に地球に飛来し、そのまま取り残されてしまった、もしくは餌が豊富だったためあえて帰らず、そのまま永住を決め込んだと考えるのが自然だろうか。


ちなみに前作『トリガー』では、ノイズラーと同じくかつてウルトラマンに倒されなかった『80』怪獣の同族が、悪人の仲間として登場した事がある(あちらはウルトラマンとは直接戦わず、死亡もしていないが)。



クラウドファンディング企画

『怪獣娘』との連動企画として、昨年度好評を博したザンドリアスにあやかり、今回もノイズラーの着ぐるみをクラウドファンディングで製作しようという企画が行われた(ノイズラーは他のキャラクターよりも若干遅れてキャスト公開されたが、これはこの企画と同時に発表するためであったと考えられる)。なお、該当するクラウドファンディング企画のページは現在は削除されてしまっており、閲覧する事ができなくなっている。


企画は2017年12月12日より行われ、目標金額は38万円(前年と同様に登場エピソード放送から38年が経った事に因んだもの)であったが、企画開始からわずか1日で目標金額に到達すると言う好調だった前回をも上回るスタートを切る事に成功している(前回は目標金額に到達するまでに3日かかった)。

最終的な到達額は127万4400円(目標金額の335%)で、前回のザンドリアスと同様、クラウドファンディングは大成功に終わった。


そして、2018年3月24日着ぐるみの完成披露会が行われ、ゲストとして『怪獣娘』でノイズラー役を演じた清都ありさ女史と、前年度にクラウドファンディングで着ぐるみが造形されたザンドリアスが駆け付けた。

新造された着ぐるみはかつてのようなくすんだ茶色のような配色から一転して、鮮やかな茶褐色になり、縞模様のコントラストがより鮮明になった。顔つきも若干変わっており、凶暴さが前面に押し出されたかつてのデザインと比べると、刺々しさがなくなり穏やかそうな印象を受ける表情になっている。


なおその後、清都女史のツイートによると、このクラウドファンディング達成を記念してザンドリアスとノイズラーによるキャラクターソング『Forgive me, kay?』の製作が決定

2018年6月17日に行われた『怪獣娘’s FES Ⅱ』では新世代シリーズで監督を務めた田口清隆氏の下でミュージックビデオが撮影された事も明かされ、ライブの際に初上映された(イベント終了後にYouTubeの公式チャンネルでも公開されている)。

なお、このMVがノイズラーの新造された着ぐるみが初使用された作品となった。


スーツ新造後、2020年冬から配信された『ウルトラギャラクシーファイト 大いなる陰謀』第3章にて、およそ40年ぶりに映像作品に再登場。また、上記のMVを除けば、スーツが新造されてから初の映像作品への出演となった。

ノイズラーの満を持しての登場には、怪獣娘でザンドリアスを演じた湯浅かえで女史や、ノイズラーを演じた清都女史も喜びのコメントを残している


そして、2022年放送の『ウルトラマンデッカー』では、遂に満を持してTVシリーズに再登場した。


余談

当初の脚本では80に倒される予定だったが、決定稿で結末が変更された。

なお、『80』第7話は昭和ウルトラシリーズと関わりのあった田口成光氏が最後に携わった昭和シリーズのストーリーでもある。


作中に登場する「東京サイレント作戦」は、ノイズラー対策として無音環境を生み出すために公共インフラや交通機関の停止、さらには外出の自粛を要請するという内容の作戦であった。皮肉な事に、第7話がYouTubeにて公式配信された2020年5月当時も偶然とはいえ似たような状況になっていた。ちなみに放送当時は、「戦時中の灯火管制を思わせる」というクレームが入っていたらしい。


初代の着ぐるみは撮影後、ザルドンに改造された。


ノイズラーに襲撃された新幹線のミニチュアは、元々は東映の映画『新幹線大爆破』に使用されたもの。


関連タグ

ウルトラシリーズ ウルトラ怪獣 80怪獣

ウルトラマン80 ウルトラギャラクシーファイト大いなる陰謀 ウルトラマンデッカー

ノイズ 騒音 雑音


鳴無ミサオ

サウンドギラーフレニックス:音を食べる怪獣の先輩。

関連記事

親記事

80怪獣 えいてぃかいじゅう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 330734

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました