ピクシブ百科事典

概要

長野県南西部から岐阜県と僅かながら愛知県の県境にかけて、木曾谷、伊那谷の間に連なる木曽山脈の通称である。
その山容と標高が欧州アルプス山脈を思わせる事から、明治期に来日したイギリス登山家ウェストンらによって命名され、北方の飛騨山脈(北アルプス)、南方の赤石山脈(南アルプス)と共に日本アルプスと呼ばれる。

山体は主に花崗岩砂岩石灰岩などで構成されている。全体的に険しい山々で標高 2,500m以上の高山が20近くもある。しかしながら3,000mを超える山がなく、全長・最大幅さ共に南北の各アルプスより規模が小さい。

最高峰の木曽駒ヶ岳(2,956m)や空木岳恵那山などがあり、原生林におおわれて高山植物も多く見られる。
木曽駒ヶ岳の中腹には千畳敷などのカール地形を見る事ができ、麓からはロープウェイが通っているので観光客や日帰りの登山客も多い。

関連項目

日本アルプス 登山

関連記事

親記事

やま

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「中央アルプス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 53

コメント