ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

スペインカタルーニャ地方出身。20世紀を代表する芸術家のひとり。


シュルレアリスムの代表的存在。自らを「天才」と称するなど、その奇抜な言動で知られる。人生そのものがシュールレアリスト。そのためなのか不明だが20世紀中盤のスペインの独裁者フランシスコ・フランコを支持し続けた。フランコの死後、スペインが王制復古すると侯爵に叙されている。上向きのもダリを象徴する。


幻覚世界を圧倒的画力をもって写実的かつ幻想的に描いた。また絵画のみならず、彫刻舞台美術映画制作、商品ロゴデザインなども行った。


美術批評についても自ら盛んに執筆し、現代美術をあまり評価せず、ピカソですら「才能と可能性はあるが、私はあの手の活動(キュビズムポップアート)を評価しない」と語っている。逆に古典美術を愛し常に敬意を払って熱心に研究した上で絶賛していた。特に「ラファエロ・サンティ」、「フェルメール」、「ヴェラスケス」を「世界三大画家」と評していた。彼のデッサンに対する初期の姿勢はドミニク・アングルに、晩年の「科学芸術の融合」をテーマにした作品群は、かつての「レオナルド・ダ・ヴィンチ」による同テーマへの姿勢に幾分か傾倒したものになっている。


pixivでも、その特異な画風に対するオマージュリスペクト作品が多数存在する。

代表作

絵画

『記憶の固執』(別名「柔らかい時計」)

『パン籠』

『マグロ漁』

『聖アントニウスの誘惑』

映画

アンダルシアの犬

ロゴデザイン

チュッパチャプス

造形

『ダリ劇場美術館』

※ダリの脳内にあるものを可能な限り表現し、かつ亡骸も収められている為、ダリそのものであるとも

ダリが登場する映画

関連外部リンク

諸橋近代美術館

表記揺れ

ダリ

関連タグ

画家 シュルレアリスム シュール

関連記事

親記事

画家 がか

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 580410

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました