ピクシブ百科事典

アンノン

あんのん

アンノンとはウルトラセブンに登場する宇宙人の名称である。
目次[非表示]

「我々の星の平和を二度と荒しに来ないようにするだけだ。君も君をいじめる子はやっつけてやりたいだろう。私も同じことだ」
「よし、セブンのことは信用しよう。だが、アンノン星はいかなる星からの侵略目標にさせない…」

データ

登場作品『ウルトラセブン
第16話『闇に光る目』登場

CV/中江真司

別名:岩石宇宙人
身長:30メートル
体重:15万トン
出身地:アンノン星

概要

頭脳と目だけの生命体アンノン星人が、活動に必要な岩石の体へと憑依し活動できる体を得た姿。
この姿を得ることによりアンノン星人は初めて外敵を物理的に攻撃することが出来るようで、主な戦力は目から放つ緑色の怪光線と背中から放つ煙幕である。
また、岩石で構成された体はセブンのエメリウム光線すら大きなダメージとならなかったほど強固であった。

アンノン星人

光る青いのような姿をした頭脳のみの知的生命体。
本来は争いを好まない比較的平和的な種族なのだが、ペダン星人の事件より前(だと推測される)地球防衛軍が打ち上げた観測用ロケット『サクラ9号』を地球人が自分たちの星を侵略の為に送り込んだ侵略兵器だと誤解し、報復するために『サクラ9号』に活動に必要な岩石の体を搭載して自身は『サクラ9号』に憑依し、地球へと潜入した。

主な能力は、無機物への憑依能力と強い念動力により相手を気絶させることが出来ること。
また、岩石上の肉体がなくても、そのままの姿でも宇宙空間を移動することが出来るようだ。

地球に到着後、証拠隠滅の為に『サクラ9号』を爆破した際、誤って自身の体も吹き飛ばしてしまったため、偶然にもそれを拾ったヒロシ少年を(敵情偵察も兼ねて)彼を虐めるいじめっ子たちを懲らしめた後、近づき、「自分の頼みを聞いてくれたら強い子にしてあげるよ」と言葉巧みに言い包め、活動に必要な体を巨大化し、地球人と戦うために必要となる作業(巨大化するためには高温の熱と硫黄が必要らしい…)をお願いする。
力ずくでない所を見るにほかの侵略者と違い(相手がまだ子供という事も有るだろうが)まだ紳士的。

そしてヒロシ少年が活動に必要な岩石の体を火山の火口に投げ入れ(というか落としただけなのだが…)たのを見計らい、体と融合し、地球を破滅させようと行動を開始する。

ウルトラ警備隊たちの説得は全く聞き入れなかったが、最終的には(とりあえずストップ光線で動きを止めて話し合いできる状況を作った上で)セブンの説得に応じ、肉体と本体を切り離して母星へと帰還していった。

ちなみに肝心のヒロシ少年はどうなったのかというと暗い夜中に大人たちを欺き出歩いていたという事で、いじめっ子たちに尊敬されるようになりましたとさ、チャンチャン(一応、星人は願いをかなえてくれた…のかなぁ?)。

関連タグ

ヴァルキューレ星人 - 地球を攻撃した動機はアンノンとほぼ同じだが、手は比較にならないほど外道。また(対象こそ違えど)憑依能力があるという共通点もある。

pixivに投稿された作品 pixivで「アンノン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2609

コメント