2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

データ

別名目つぶし星人
英表記 ALIEN KATAN
身長2.2m~51m
体重98kg~3万1000t
出身地カタン星
CV西川幾雄

概要

第35話「必殺!タロウ怒りの一撃!」に登場。

種族ぐるみで殺し屋稼業を行っているとされる異星人。
戦力は左手から放つ3万度の炎と右腕の鋭い鎌、両目から発する目潰し閃光「アイ・アタッカー」。
また、頭部の5本の触角には重力制御能力があるらしいが、劇中ではこれといって重力を操る芸当は見せていない。飛行用の反重力場を形成する役割を担っているのかもしれない(おそらく空を歩くように移動していたのもこの能力からだろう)。
タロウ』に登場した個体は、一体どこで身に着けたのか自動車の運転が非常に上手い。
別名から誤解されがちだが、ここでの「星人」は「宇宙人」と同じ意味合いなので「目つぶし星」という名の星がある訳ではない。次の話の宇宙人も同様である。

活躍

東光太郎がZAT専用車(ウルフ777等の特殊車ではない偵察・追跡用の乗用車)で不審な車を追跡していたところ、その車はガードレールに突っ込み炎上してしまう。近くにいた為に巻き込まれてしまった青木まち子(演:浅野由香)という少女を助け、病院に送り届けた光太郎だったが、実は大破した車の運転手はカタン星人であり、事故の瞬間にまち子と一体化し、光太郎を油断させて距離を詰め、ウルトラ兄弟の人形を欲しがって罠にかける事でタロウ諸共暗殺しようとしていたのである。

病室で正体を現したカタン星人は目潰し閃光で光太郎の視力を奪い、殺害しようとしたところでZATの他のメンバーが駆けつけたため、まち子の体を放棄して一旦徹退し、その後巨大化して町を襲う。
なんとか視力を取り戻した光太郎の変身したタロウとのバトルでも、目潰し閃光により優位に立ち、右腕の鎌と火炎放射で痛めつける。
しかしZATの「ベル作戦」によって首に巨大な鈴付きの首輪を嵌められ、目が見えないながらも鈴の鳴る音で敵の居場所を掴んだタロウの自爆絶技ウルトラダイナマイトを真っ向から受け、爆殺された。

エースの人形を欲しがった時の口ぶりからウルトラマンエース男女合体変身であった事を何らかの形で知っていた可能性が高い。

以降の作品での登場

『ザ・ウルトラマンメビウス』

明言されているわけでははないが、おそらくエンペラ星人の傭兵として、貸し与えられたシルバーブルーメで訓練中のタロウとメビウスを倒そうとするが、未知の力を発揮したメビウス(無意識下で放ったメビュームダイナマイト?)の思わぬ反撃に会い一時撤退する。
その後、円盤生物軍団を率いて再び襲撃するが、軍団諸共倒されてしまった。

『ザ・ウルトラマンメビウス』は『メビウス』のDVDに付属しているイラストノベルであるが、ここで初めて「筋金入りの殺し屋種族」という素性が明かされた。『タロウ』の個体も、何者かに金で雇われてタロウを狙ったのかもしれない。

大怪獣バトル

AC版2弾にて技カードとして収録。原典での目潰しフラッシュを再現した「1ラウンドだけ、スピードバトルにて相手のスピードゲージを見えなくする」という効果を持つ。マルチ対戦での妨害工作に打って付けのカードである。

『酩酊!怪獣酒場2nd』

第21話にモブとして登場。

関連イラスト

目つぶし星人 カタン星人



関連タグ

ウルトラマンタロウ ウルトラ怪獣
目潰し ストロボ
ザラガスキーラスノーギランドギューバロッサ星人二代目:目つぶしを使った連中。
どんな名前だ

関連記事

親記事

タロウ怪獣 たろうかいじゅう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14674

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました