ピクシブ百科事典

ラセスタ星人

らせすたせいじん

『ウルトラマンダイナ』に登場する宇宙人である。
目次[非表示]

「僕は、怖いんだ。新しい星は見つかる?新しい仲間と友達になれる?僕は、僕は…どうなってしまうの…?」

データ

別名:瑠璃色宇宙人
身長:145センチメートル - 54メートル
体重:43キログラム - 3万8千トン
出身地:ラセスタ星

第20話「少年宇宙人」に登場

概要

母星が氷河期を迎えたことで住めなくなり、2つの約束をした上でいろいろな星に移住した宇宙人。その約束とは、母星の氷河期が終わったらその星に帰ってくるか、もし母星が無くなったらラセスタ周期5歳(地球に換算して10歳)の者がトナカイ座のイリスに集まって移住可能な惑星を探して旅に出る、というものだった。母星が無くなった場合、他の種族に同化しているラセスタ周期5歳の者は自動的に本来の姿に戻ってしまう。
戦闘力はないが、テレパシーや変身能力(ラセスタ周期10歳を過ぎると元に戻れなくなる)の他に背中の羽で飛行することができる。
母星の名前ラセスタはスペイン語で第六の意味であり、ケリガン星系の第六惑星ということから地球人(スペイン人ないしスペイン語圏の人間)が命名したものと思われる。

岸悟(きしさとる)

演:崎本大海

地球に移住した家族の一人息子で、自分が宇宙人とは知らずに生活していた。地球周期10歳の日に母星が恒星ビビドラに吸収されて消滅したため、母から真実を告げられて約束の場所に向かうことになる。まだ幼いためか自分の能力を制御できず、気を抜いた途端に変身が解けたり、巨大化しても飛行能力がうまく発現できなかったりした。

仲の良かった友達二人(たっちゃんとみのっち)に自分の正体を明かして一旦は拒絶されたものの、彼の孤独を察して戻ってきた友達にラセスタ星人が交わした約束を聞かせる。二人から代表として地球のことを教わり、旅立ちの夜に見送られて巨大化したもののなかなかうまく飛び立てずにいたところをスーパーGUTSに侵略者と誤解されて攻撃され、危うく付近の超高圧送電線に触れそうになった所をウルトラマンダイナに助けられる。
彼に自分の将来に対して抱いている不安を打ち明けるが、

ダイナ「君の未来は、誰にもわからない。なぜだかわかるか?それは、君が作っていくからなんだ」
悟「…作る?」
ダイナ「そうだ。どこへ行っても、どんな時も、君の未来は、君が、君の手で作っていくんだ」

と励まされて宇宙へ飛び立ち、約束の場所に集まった同族達と共に旅立っていった。

悟の母

ラセスタ消滅のニュース映像と悟の変身の兆候を作中で最初に目撃した。
自身もラセスタ星人だがすでに元の姿に戻ることはできない。夫もラセスタ星人であり、既に故人である。惑星ラセスタの消滅により息子を失うことを恐れていた模様。
悟との最後の別れのシーン(無意味と知りつつマフラーを巻かせる、体が温まるスープを飲ませる)は見ていて泣ける。

余談

なお、作中に登場したとなかい座はかつて18世紀にきりん座の近くにあった星座で、近代になり、星座の数が現在の88の数に纏められると、ほとんど使われなくなった。(聖闘士星矢Ωにも名前だけなら出ている。)また、イリスとは元々ギリシャ神話における虹の女神の名前である。

ラセスタ星人の人間態・岸悟を演じた崎本は、放送から約10年後に『クイズ!ヘキサゴンⅡ』にて主演のつるのと再共演を果たし、ユニット「フレンズ」を結成した。

ちなみにたっちゃん役を演じていたのは後々声優として活躍する豊永利行氏である。

関連記事

親記事

ウルトラマンダイナ うるとらまんだいな

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ラセスタ星人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1395

コメント