ピクシブ百科事典

T-72

てーすぃぇーみぢぇすゃどどうぁー

旧ソ連が開発した戦車。
目次[非表示]

T-72とは

ロシア語:Т-72 テー・スィェーミヂェスャド・ドヴァー)は、1971年ソ連で開発され、旧共産主義圏にて、1970年代からソ連崩壊の1991年までもっとも多く使われた主力戦車である。
ロシア連邦地上軍機甲部隊の主力で、その保有数は約9000輌とされる。

輸出

また、ワルシャワ条約機構加盟国以外にもフィンランドイランイラクシリアなどにも輸出され、インドユーゴスラビアなど他の多くの国でもライセンス生産やコピー品が作られた。当時ワルシャワ条約機構に所属していたポーランドチェコスロバキアでもライセンス生産されたが、オリジナルより性能が低下した代物だった。
ソ連でも1990年までに自国製の輸出用モデルが開発され、アラブ諸国を中心に大量に輸出したが、これらもさらに大幅なスペックダウンを施した、所謂「モンキーモデル」であった。
1980年代にはイラクに対しチェコスロバキアやポーランド、ソ連がT-72の完成品を輸出した。後には、半完成部品をイラクで組上げるノックダウン生産も行われた。またイラン・イラク戦争で使用した直輸入品のT-72の砲身寿命が短く、ソ連からの交換部品の供給も滞ったことから、イラク国内に砲身工場を作ることになり、これがライセンス生産化の始まりであったという。

特徴

生産当初のT-72は41tと西側諸国の主力戦車と比べて非常に軽量で、わずか780hpの馬力にもかかわらず、110km/hの路上最大速度を記録したと言われる。
そして、当時の最新技術をつぎ込んだT-64に対し堅実な設計とした事で安価で信頼性の高い戦車に仕上がった。

装備する125mm滑腔砲は、西側の120mm滑腔砲とは比較にならない威力とされ、理論的にはM1エイブラムスの装甲を1km先から貫通できるとされる。戦車砲弾以外にも対戦車ミサイルの発射機能を持たせたタイプもある。

回転装填式自動装填装置を搭載しているが、T-64のものとは仕組みが大きく異なり、よりシンプルかつ省スペース化が図られている。当初は装填不良など信頼性に問題があったものの、改修型のT-90においては13秒間に3発もの砲弾を発射できるまでに改善されている。

シュノーケルをつければ渡河などの潜水移動も可能だが、その際搭乗員は潜水装備をつけなければならない。
NBC対策として空気浄化システムや加圧機能を搭載している。

弱点

これは、平原での運用を想定し「被発見率と被弾率を低くするためできるだけ全高を低くする」というソ連戦車の伝統に倣い、さらに砲塔の小型化や低車高化を進めた結果であり、同時期の他のソ連戦車にもほぼ共通する悪癖とでもいうべきものである。

車内の居住性が悪い
小型化を進めた結果、とにかく狭い。
よってロシアの戦車兵は身長160cm未満でなければダメなんてジョークも。程度は不明ながらも体格制限は実際にあるらしい。
また、狭いという事は容積に余裕がない=拡張性が低く後から装備を追加しにくいという事でもある(もっとも、現代は精密機器の小型化が進んだため必ずしもそうとは限らない)。

誘爆したら砲塔が吹き飛ぶ
砲塔の床下に弾がターンテーブル式に並ぶ弾薬庫の配置のため、ここに誘爆すると爆風が戦闘室を直撃し、砲塔が吹き飛ぶなど車体が激しく損傷しやすい(湾岸戦争時のアメリカ兵達はその様を「びっくり箱」と呼んでいた)。

KABOOM!!!


もちろんこの弾薬庫の配置にはちゃんとした理由があり、砲塔よりも被弾率が低い車体に弾を入れて生存率の向上を狙ったものであるのだが、砲弾を円形に並べる弾薬庫のレイアウトは上部から見た場合面積が大きく、市街戦では建物上部に陣取った対戦車部隊の格好の標的となった。

砲の仰俯角が狭い
戦車砲は車外に見えている部分だけではなく、車内側にも相当な大きさの砲尾が存在する。そのため戦車砲を上下に動かすと砲尾も車内で動くため、砲塔内にはその分のクリアランスが必要になる。
T-72はソ連戦車でも際立って砲に対して砲塔が小型なため、砲の上下の可動範囲が狭くなり、地形によっては隠れながら砲撃ができなかったり、市街地戦や山岳戦ではビルや山の上に構築された陣地や、肉薄する歩兵に対する砲撃ができないという状況も多く見られた。
このため、歩兵への支援任務が圧倒的に多くなる途上国の紛争では、T-72よりも仰角俯角の大きく取れるT-54/55の方が好まれるという。

改修

ソ連はT-72の採用後も数多くの改修を実施し、1979年にはT-64でも採用していた複合素材の装甲を車体前部を中心に取り付ける事により防御力強化を実施、1980年代にはリアクティブ・アーマー(爆発反応装甲)が追加された。
1978年にレーザー測遠器を装備し始めるも高価だったため、1985年までは指揮戦車型のT-72Kを中心にしか普及しなかったが、それ以降に生産されたタイプではエンジン馬力も780hpから840hpに強化、リアクティブアーマーやレーザー測遠器も生産当初から標準装備となり、主砲から対戦車ミサイルも発射可能となった。
これによりT-64の後継であるT-80に、機能的に近くなるアップデートが施されたといえる。
以降も細かい改修が施されるも、1980年代末のワルシャワ条約機構下諸国の経済悪化や、ソ連自身の1991年の崩壊などにより、一時その発展は停滞期を迎える。

湾岸戦争

1980年代のイラン・イラク戦争では、イラク軍のT-72がイラン軍の西側製戦車と初めて交戦。
T-72はAPFSDSを使用し、重装甲を誇る英国製のチーフテンを正面から易々と貫徹し多数撃破するなど善戦した。

しかし問題なのは、1991年の湾岸戦争の時である。
イラク軍が配備していたT-72などのソ連(一部中国)戦車は、米軍のM1エイブラムスや英軍のチャレンジャー1といった西側諸国の新型主力戦車に一方的に、それこそ殺戮と言っても過言ではないほど容易く撃破されてしまった。
実は輸出版のT-72は、火器管制装置どころか砲弾さえも粗悪品で、しばしば決定的な初弾を外しまくり、命中したとしても容易く弾かれるというポンコツ同然の代物だったのである(前述の通り、イラクに輸出されていたT-72はオリジナルよりも性能の劣るモンキーモデルではあったのだが、イラク側の技量の問題もあって、仮にオリジナルのT-72だとしても結果は変わらなかったろうという意見が根強い)
更には2両のM2ブラッドレー歩兵戦闘車相手に10台近いT-72が撃破された事もあった。この戦闘でTOWミサイルだけでなく25mm機関砲によりT-72は撃破されている。さすがに正面から撃破されたのでなく連合軍の戦車を向かい撃つべく塹壕に隠れていたT-72へ、トップアタックの形で25mm機関砲弾を撃ち込まれた事で撃破されたのだが、それでも問題であった。
(ちなみに同戦争ではユーゴスラビア型のM-84がクウェートで使用されており、敵味方双方がT-72を使用する状況になった。誤射の恐れがあった事からクウェートのM-84は大々的に投入される事がなかったようだが、それでも旧世代のT-55などに対しては有効だったようである)

その後もチェチェン紛争では、市街地戦で上からRPGを撃たれて多数が撃破されるという醜態をさらす事に。

この所為で兵器市場でのソ連(中国)戦車の評価はガタ落ち、輸出需要が大きく落ち込む結果になってしまった。さすがにやりすぎたと反省したのか次期のT-90ではこの失墜したブランドイメージの回復を目指し純正と褐色ない性能になったと言われる。

しかし21世紀に入ると西側戦車もゲリラ戦で苦戦が増えた事に加え、ロシアはT-72を投入した南オセチア紛争やクリミア紛争を短期で終結させ政治目的を達した事から、結局のところ物は使いようだったと考えられるようになり、今日では改良により重量(と価格)が天井知らずに増していく西側戦車より軽量(かつ安価)な事も相まって再評価されつつある。
イラク戦争後に結成されたイラク治安部隊では、アメリカからM1エイブラムスが供与されたものの西側製戦車の運用に慣れていないためにろくに運用できなくなるほど持て余してしまったことから、現在も慣れ親しんだT-72やその改良型T-90を運用し続けている。

またソ連崩壊以降は独立した諸国がそれぞれのT-72の生産技術を元に数多くのバリエーションを開発し、自国で生産したオリジナルタイプの輸出から既にT-72を購入した国への改修パッケージキットの販売など、その販売形態も広がっている。T-72自体が長期に渡り多くの国々に供給されたこともあり、ソ連から独立した諸国にとっては今でも魅力的な軍事マーケットとなっている。

上述したような弱点はありつつも安価で扱いやすく、現在でも途上国の紛争にしばしば現れる戦車であり、今後も当分は戦場から消える事はないだろう。

バリエーション

  • T-72「ウラール」

初期タイプ。ステレオ式測遠機を装備。

  • T-72A
サイドスカート装備・追加装甲・レーザー測遠機・射撃統制装置・夜間暗視装置・発煙弾を装備。
  • T-72B
装甲の強化・前面部に追加複合装甲・レーザー誘導型対戦車ミサイル発射機能を搭載。
  • T-72AV・T-72BV
爆発反応装甲を追加したT-72AおよびT-72B。1985年から生産された。当初227基のコンタークト1を装備、のち新型のコンタークト5に換装。
  • T-72S
輸出向けの派生型。155基のコンタークト1を装備。
  • T-72B1
T-72Bからレーザー誘導型対戦車ミサイル発射機能を排除。
  • T-72BK
T-72Bの指揮官用車両。偵察機能、通信アンテナの増設。
  • T-72B(M)
T-72Bの強化型。改修版の爆発反応装甲・砲塔部に複合装甲を搭載。1988年から生産された。コンタークト5を装備。T-72BMとも書かれる。
  • T-72M
ソ連、ポーランドとチェコスロヴァキアで生産された輸出モデル。T-72Aのモンキーモデル。
  • T-72M1
ソ連、ポーランドとチェコスロヴァキアで生産された輸出モデル。装甲を厚くしたモデル。
  • M-84
ユーゴスラビアがT-72Mをライセンス生産したもの。その後改良型のM-84A1や旧ユーゴ諸国独自の改良型が誕生している。
  • PT-91「トファルディ」
ポーランドが自国製のT-72M1を改良したもの。射撃制御装置や爆発反応装甲・パッシブ型夜間映像装置を装備。
T-72の車体とT-80の砲塔を組み合わせたロシアの最新式第三世代MBT
T-72の車体を流用した戦車支援戦闘車。なお、本車は歩兵戦闘車(BMP)では無いためPとTの間にハイフンを入れるのは間違いである。

性能諸元

全長9.53 m
車体長6.86 m
全幅3.59 m
全高2.19 m(T-72A)
2.23 m(T-72M1とT-72B)
2.22 m(T-72S)
重量41.5 t
懸架方式トーションバー方式
速度60 km/h(整地)
45 km/h(不整地)
行動距離450 km
600 km(外部タンク搭載時)
主砲125 mm滑腔砲 2A46M
副武装PKT7.62mm機関銃(同軸)
NSVT12.7mm機関銃(対空)
装甲複合装甲
- 車体前面200mm 砲塔前面280mm(T-72A)
- 車体前面236mm 砲塔前面296mm(T-72B)
正味の厚さで、均質圧延鋼板換算では400-600mmと推定
エンジンV型12気筒ディーゼルエンジン
780 hp
乗員3 名


関連イラスト

T72と女戦車長
танк


T-72BV
機械化ライフル部隊


T-72



関連動画


車内の様子がわかる動画。

関連タグ

ソ連 ロシア 戦車 第二世代MBT
オブイェクト/オブイェークト

関連記事

親記事

第二世代MBT だいにせだいしゅりょくせんしゃ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「T-72」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 241255

コメント