ピクシブ百科事典

モンキーモデル

おさるさんもでる

モンキーモデルは条件の異なる国への輸出の際行われる行為。
目次[非表示]

モンキーモデルとは

 この言葉は冷戦真っ盛りの1980年の初頭、とあるロシア連邦軍参謀本部情報総局将校がアメリカ合衆国亡命してきた。その時に「こんなモノがソビエト連邦にあるんです」ということで知られた用語であり、ここから、「輸出向けに意図的に性能劣化させた兵器」を差すようになった。

発生の理由

 なんでわざわざスペックダウンするのかと言えば、これは大人の事情によるものが大きい。
 わかりやすい例を挙げればフルスペックの車両そのものや、整備のための部品、機材、人員等、兵器を使うためのコストはそれなりにかかる。
 ところが国により、極寒かつ前線となるソ連に適合した兵器の能力は必要ない場合が多い。例えば寒冷対策が取られていてもそれが温暖な気候では無駄となる。
 そのためある程度割り切って不要と思われる機能をオミットすることにより価格や維持費を下げる、ということがある。
 また、国際情勢において「最新鋭の機種を輸出するのはどうか」という場合、特定の機材や機能を取り外したりして輸出する場合も存在する。
 さらに、鹵獲されたり、購入国が解析し新兵器を製造しようとした際の保険であったり、反旗を翻されてもたたきつぶせる戦力差を確保しておくためだったりする場合も存在する。

注意点

 一つ注意してほしいのは、ローカライズされたものすべてがこう呼ばれるわけではなく、改良されたものはそう呼ばれないことである。例えば運用等が異なるため特定の機能を外した場合や、部品の載せ替えや装備の除去により能力を向上させたものなどはこう呼ばれない。

デメリット

 しかし一方で、モンキーモデルが国際紛争の最前線に投入された場合、その低い性能のためコテンパンにされると、オリジナルの兵器の評判、下手をすると産出国の信用まで下がる、というデメリットが存在する。

その他の手法

 このように「他国に兵器を供給する」場合、以下の手法が存在する。

  • 能力を下げた機種を製造する
  • 他国供給専用の機種を製造する
  • 自国の「おさがり」の機種を供給する

代表的な機種

 このようなモデルが存在する、と言われる兵器は複数存在する。例えばF-16にはエンジンの性能を下げたF-16/79というモデルが存在し、MiG-23にも攻撃や索敵能力が劣るモデルが存在した。

T-72神

 ソ連の代表的な戦車であったT-72そのものが改造の最大の被害にあった。劣化内容は以下の通り。

  • 複合装甲200mmから280mm( 焼入れした鉄で400-600mm程度 )から、焼入れした鉄の板( 均質圧延装甲 )にした。
  • 硬くなきゃいけない徹甲弾の素材が通常通りのタングステン等のレアメタルではなく、ただの鋼鉄。当然敵の装甲を打ち破れない。
  • 装甲以外違うT-72神との部品共通がない
 という悪趣味な劣化と同じく、オリジナルの弱点も加わってシリアイラクに輸出されたものは大変なことに。

逸話

  • M1エイブラムスを10対1でも傷すらつけられず、やられる。
  • 動けないM1エイブラムスに3対1でやられる。
  • 戦車じゃないM2ブラッドレーを2両相手にするも25mm機関砲弾やTOWミサイルに10台近くやられる。
  • 自分より小さい口径のメルカバに一方的に撃破
  • はっきりいってT-55の方がマシ

……このような事が調べれば山のように出てくるといわれる。

派生型

 こんなゴミを送られて困ったのが衛星国各国。だが彼らを本気にさせたようで、輸出先で多くの改造が施された。

  • PT-91シリーズ
 ポーランドがありったけの技術を詰め込み、現代でも通用するような改造を施した。
射撃制御装置・爆発反応装甲・エンジントランスミッションは安心の国産。エンジンは高出力化されている。
  • M-84シリーズ
 セルビアで作られたもの。あくまでも参考程度に製造されているものの、非常にそっくりであるが、中身は全く違うのはお約束
 一般的なものを挙げているので、その他改修されているものも星の数。
 因みに、これらの戦車は一両5000万円程であるといわれるが、さすがに個人輸入しようとする猛者はいないよね。

関連項目

軍事 兵器
劣化コピー

参照

wikipedia:同項目

pixivに投稿された作品 pixivで「モンキーモデル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 760

コメント