ピクシブ百科事典

PKM

ぺかーえむ

ソ連が開発した汎用機関銃。現用兵器。
目次[非表示]

概要

1961年に「SG-43」と「RP-46」の後継としてミハイル・カラシニコフが「PK」を設計し、改良を加えた「PKM」は1969年にソ連軍に制式採用された。
銃身の溝を廃止し、部品の一部をプレス加工に換えて生産効率を向上させ、本体の重量は7.5kgまで軽量化されている。
弾薬にはモシン・ナガン小銃以来の7.62×54mmロシアン弾を使用する。
ロシア連邦軍において現用兵器
東欧諸国や中国、北朝鮮などで、ライセンス生産/コピー生産された。

データ

全長1173mm
銃身長658mm
重量8990g
弾薬7.62×54mmロシアン弾
装弾数25~250発


関連イラスト

PKM
同志モッコス



関連タグ

汎用機関銃 ソ連軍 ロシア連邦軍 カラシニコフ

pixivに投稿された作品 pixivで「PKM」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 509161

コメント