ピクシブ百科事典

モシン・ナガン

もしんながん

ロシア・ソ連の小銃。
目次[非表示]

→ 詳細はwikipedia:モシン・ナガンを参照。

概要

ロシア帝国のセルゲイ・イヴァノヴィッチ・モシン陸軍大佐とベルギー人銃器設計者のナガン兄弟(エミール・ナガン、レオン・ナガン)により開発されたボルトアクション小銃
使用弾薬は7.62×54mmロシアン弾。銃身命数の延長と汚れ防止のため、銃身内にクロムメッキが施されている。
同時期に開発された小銃としてはモーゼルGew98リー・エンフィールドスプリングフィールドM1903などがある。
1945年よりSKSカービン、1950年代にはAK-47によって更新され、狙撃銃型以外は第一線の戦闘部隊で使用されなくなった。
ロシア帝国やソビエト連邦の友好国や組織でも広く使用され、現在でも各地の武装ゲリラが使用している。

生産数3,700万挺。

主なバリエーション

M1891
1891年、ロシア帝国陸軍に制式採用された。
初陣は義和団の乱(1900年)。日露戦争(1904年)に於いても使用され、ソビエト連邦時代も改良型が出回るまで製造が続いた。
ロシア国内での生産体制が整えられるまで、フランス造兵廠SIG社(スイス)、ステアー社(オーストリア)などで生産された。
第一次世界大戦(1914年)時にはアメリカ合衆国レミントン社やウェスティングハウス社に不足分を発注した。

M1891/30
1930年に改良型のM1891/30が制式採用された。設計や製造面での合理化が計られている。多数製造され、M1891からの改造品も多く、シリーズ最大のヴォリュームを占める。
照尺はアルシン(※ロシア独特の長さの単位)法からメートル法に改められ、兵士たちに歓迎された。1937年頃に倍率3.5倍のスコープを載せた狙撃銃型も開発された。
※1アルシン=16ヴェルショーク(約71cm)

M1938
1938年に制式採用されたM1891/30の騎兵銃型。着剣装置は廃止された。全長は1,013mmに切り詰められている。

M1944
1944年に制式採用されたシリーズ最終モデル。M1938に折畳み式銃剣を装備。

仕様(M1891/30)

全長1,287mm
銃身長802mm
重量4,000g
弾薬7.62×54mmロシアン弾
装弾数5発


余談


狙撃銃仕様

同じ時期の他の狙撃銃と同様に、この銃を改造した狙撃銃が作られた。
ベースはM1891/30で、射撃試験の結果成績が特に優秀なものを選抜して改造を施したものであった。『M1903』をベースとした『M1903A4』や『九九式小銃』をベースとした『九九式狙撃銃』といったように特定のモデル名は存在しなかった様子である。
狙撃銃に改造するために、機関部上にスコープが備えられたほか、ボルトハンドルを引き上げた際にスコープに干渉しないように、下向きに曲げられたボルトハンドルが付いた専用のボルトに替えられた。

  • スコープ
最も初めに使用されたスコープは「PEスコープ」と呼ばれるもので、倍率は4倍であった。
次に「VPスコープ」が開発されたが、最終的にはメイン画像のような「PUスコープ」を搭載した狙撃銃が主力となった。
PUスコープは倍率3.5倍で、レティクルはかなり太く、サイトポストの見出しがし易いものであった。
取り付けは機関部左側にブラケットがあり、そこから真上に立ち上がるステーを介して取り付けられた。このため、真後ろから見るとスコープの真下には隙間があり、スコープを外さなくてもアイアンサイトを覗き込むことができた。

モシン・ナガンは、シモ・ヘイヘヴァシリ・ザイツェフリュドミラ・パヴリチェンコなど数多くの名狙撃手が使用した銃であったが、彼らは狙撃仕様ではない通常の歩兵用の物を使うことも多かったそうである。

外部リンク

wikipedia:モシン・ナガン

関連イラスト

しも・へいへ・改
狙撃兵娘



関連タグ

小銃 ロシア軍 ソ連軍 SVD
シモ・ヘイヘ ヴァシリ・ザイツェフ
ジ・エンド

pixivに投稿された作品 pixivで「モシン・ナガン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 376030

コメント