ピクシブ百科事典

スプリングフィールドM1903

すぷりんぐふぃーるどえむいちきゅうぜろさん

アメリカ軍で使用されていたボルトアクション式ライフル。
目次[非表示]

アメリカ軍が制式採用したボルトアクションライフル
第一次世界大戦を皮切りに20世紀半ばまでの殆どの戦闘に使用された。M1ガーランドに主力の座を明け渡しつつも第二次世界大戦朝鮮戦争でも使用され最後の奉公はベトナム戦争と息の長い装備であった。

概要

1800年代末、高初速弾を使用する小銃が世界的潮流となり、米西戦争スペイン軍が使用したモーゼルM1893を参考にスプリングフィールド造兵廠で開発が行われた。
1903年、アメリカ軍へ支給が開始された。

後継の登場後

1936年、後継としてM1ガーランド半自動小銃が制式採用されたが、折からの不況や平和的な状況であったために配備が進まずに、本格的な配備は1942年初頭からとなった。それまではM1903A1とM1903A2がアメリカ陸軍の主力小銃であった。

1942年、生産性を大きく向上させたM1903A3とその狙撃銃型のM1903A4が開発された。
既にM1ガーランドが採用されているのにM1903の改良型?という疑問は至極御尤もであるが、世界情勢の悪化と、それに伴う徴兵制の導入による大幅な増員で小銃の絶対数が全く足りず、後に殆どをM1ガーランドに置き換える前提で大量生産された。
M1ガーランドの多くは欧州戦線に廻されたため、太平洋島嶼部での対日戦では暫くM1903が主力として使用されていたものの、程なくしてM1ガーランドに置き換えられた。

狙撃銃型は改良を受けながら1949年まで製造され、ベトナム戦争でも使用された。
現在は軍楽隊儀仗隊で使用している。

日本では警察予備隊(後に自衛隊へ改組)にアメリカ軍から狙撃銃型のM1903A4が供与され、64式小銃(狙撃眼鏡付)に更新されるまで使用された。

仕様

全長1098mm
銃身長610mm
重量3950g
弾薬.30-03スプリングフィールド弾 .30-06スプリングフィールド弾(7.62×63mm)
装弾数5発(クリップ、箱型マガジン)



関連イラスト

ジャクソン
ひいおじいちゃんの形見のライフル



関連タグ

小銃 狙撃銃 アメリカ軍 スプリングフィールド M1903
スプリングフィールド(ドールズフロントライン)

pixivに投稿された作品 pixivで「スプリングフィールドM1903」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2206293

コメント