ピクシブ百科事典

スプリングフィールドM1903

すぷりんぐふぃーるどえむいちきゅうぜろさん

アメリカ軍で使用されていたボルトアクション式ライフル。
目次[非表示]

アメリカ軍が制式採用したボルトアクションライフル
第一次世界大戦を皮切りに20世紀半ばまでの殆どの戦闘に使用された。M1ガーランドに主力の座を明け渡しつつも第二次世界大戦朝鮮戦争でも使用され最後の奉公はベトナム戦争と息の長い装備であった。

概要

1800年代末、高初速弾を使用する小銃が世界的潮流となり、米西戦争スペイン軍が使用したモーゼルM1893を参考にスプリングフィールド造兵廠で開発が行われた。
1903年、アメリカ軍へ支給が開始された。

1936年、後継としてM1ガーランド半自動小銃が制式採用されたが、折からの不況や平和的な状況であったために配備が進まずに、本格的な配備は1942年初頭からとなった。それまではM1903A1とM1903A2がアメリカ陸軍の主力小銃であった。
1942年、生産性を大きく向上させたM1903A3とその狙撃銃型のM1903A4が開発された。
既にM1ガーランドが採用されているのにM1903の改良型?という疑問は至極御尤もであるが、世界情勢の悪化と、それに伴う徴兵制の導入による大幅な増員で小銃の絶対数が全く足りず、後に殆どをM1ガーランドに置き換える前提で大量生産された。
狙撃銃型は改良を受けながら1949年まで製造され、ベトナム戦争でも使用された。
現在は軍楽隊儀仗隊で使用している。

日本では警察予備隊(後に自衛隊へ改組)にアメリカ軍から狙撃銃型のM1903A4が供与され、64式小銃(狙撃眼鏡付)に更新されるまで使用された。

仕様

全長1098mm
銃身長610mm
重量3950g
弾薬.30-03スプリングフィールド弾 .30-06スプリングフィールド弾(7.62×63mm)
装弾数5発(クリップ、箱型マガジン)


狙撃銃型

U.S.M1903A4 海兵隊仕様


M1903A4は、M1903A3をベースに狙撃銃としたものである。ストックの形状が従来と違うものになり、アイアンサイトが省略されてスコープ以外での照準は不可能となった。
スコープはライマン社製の倍率2.5倍の狩猟用スコープを制式化したM73と、その他に数種類の制式品があったほか、民生品をそのまま使用するなどバリエーションは多岐に渡る。(※M73を題材とした作品は見つかりませんでした)
スコープの装着位置は、機関部真上に低めにセットされていた為に同時期の他の狙撃銃と比べるとかなり狙いやすかった。一方で、マガジンが固定式で機関部真上にスコープがある為に、5発入りのクリップ(挿弾子)を使ったリロードが出来ず交戦距離が近づくとかなり不便であった。

遠距離で撃ち合う場合、マガジンに5発装填しておき、カットオフレバーを「OFF」にセットしてボルトハンドルを目一杯引くと排莢とコッキングだけされ、マガジン内の弾がリロードされない位置で止まる。そこで薬室に弾を入れてボルトハンドルを戻して射撃するという手順となる。
交戦距離が近づいた場合は、カットオフレバーを「ON」にすればボルトハンドルが最後まで後退し、マガジン内の弾が使用できた。

民生品をそのまま使用したスコープは、曇りやすくレティクルのクロスヘアを見失いやすいという問題があったため、1945年頃に純粋に軍用としたM84スコープが開発された。倍率は2.2倍で僅かに落ちたものの、レティクルが改善されて照準の見出しがしやすくなり、曇りにくいと好評であった。

U.S.M1903A4



一方で、狙撃銃という用途から射撃頻度を考えると、リロードは面倒ではあってもさほど問題とはならなかった為か、手間が改善されることは最後まで無かった。

関連イラスト

ジャクソン
ひいおじいちゃんの形見のライフル



関連タグ

小銃 狙撃銃 アメリカ軍 Springfield スプリングフィールド 春田 M1903 スプリングフィールド(少女前線)

pixivに投稿された作品 pixivで「スプリングフィールドM1903」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1399023

コメント