ピクシブ百科事典

ボルトアクションライフル

ぼるとあくしょんらいふる

ボルトアクション方式を使用したライフル銃。
目次[非表示]

ボルトアクション方式のライフル銃
1836年に登場したドライゼ銃によって完成形となってから、軍用銃としてはおよそ100年近く主力の座にあったものの現在では自動小銃に取って代わられた。
一方で、民間用ではまだまだメリットが多いので現役である。

ボルトアクションライフルの登場

プロイセン王国で開発されたドライゼ銃は、ヨーロッパの戦場で猛威を奮った。
これまでの銃と違って、1発ずつ火薬と弾丸を入れて槊杖で突き固める必要はなかったし、熟練者が射撃すれば毎分10発以上撃つことができた。
何より、射撃に関する一切の操作が地面に伏せて出来るようになり、従来の戦列歩兵を文字通りただの的にしてしまった。

ボルトアクション式小銃の進化

ドライゼ銃を元にしたボルトアクション式の小銃は、戦場で優位性が証明されると急速に広まった。
当初、紙製だった薬莢は、湿気に強く、より気密性が高い金属薬莢に取って代わられた。
また、弾も改良されて、先端が0系新幹線のように丸まっていた弾丸は、鉛筆のような鋭い円錐状になり性能が大きく向上した。
発射薬も、黒色火薬からより性能が高い無煙火薬へと進化した。
また、銃に弾倉が備わるようになると、従来は発射するたびに一発ずつ手でセットしていた弾薬を複数発一気に装填できるようになった。

戦場からの衰退

1900年頃に完成形となったボルトアクションライフルは時代が下るとともに自動火器の普及や闘い方の変化によって主力の座が危ぶまれるようになった。
交戦距離が遠い状態では、ボルトアクションライフルとセミオート式の自動小銃では、有利不利の差は少ない。
これは、どちらも1発撃つと次に撃つ為に狙いを定めるための時間が掛かるからである。
ところが、交戦距離が近づくと射撃の頻度が上がり、短い時間で何発も撃てる自動火器のほうが断然有利となる。
第一次世界大戦塹壕の奪い合いでは、サブマシンガンのような小型で取り回しの良い自動火器の有効性が証明されたし、第二次世界大戦では激しい機動戦で交戦距離が目まぐるしく変化し、「遠距離でも近距離でも有効な銃」を持つ事が鍵となった。

結局、第二次世界大戦後に歩兵用の銃は自動小銃に取って代わることとなり、ボルトアクションライフルは狙撃用などを残してゆっくりと姿を消した。

現在のボルトアクションライフル

現在使用されているボルトアクションライフルは、軍用銃では狙撃銃やスポットライフル、民間用では猟銃や射撃競技用の銃である。
何れも構造の簡単さと堅牢さ、そして命中精度を簡単に高めることができる為に使用されている。
しかしながら、往年の歩兵銃とはやや違った趣である。

  • 狙撃銃・競技銃
特に、狙撃銃や競技銃は、命中精度を高める為により精度の良い部品や肉厚の銃身を使用するなど随所に工夫が見られる。
自動小銃でも同じくらいの精度を出す事は不可能ではない… らしいが、天文学的なコストが掛かるらしく実現したのはごく少数である。
狙撃銃はかつての歩兵銃と似たような外観でも、設計思想や構造が大幅に変わって競技銃の設計思想が取り入れられるようになった。
銃身は、高温の場所や連続射撃で熱を帯びて曲がってしまったり、射撃の際に生ずる細かい振動で集弾率が悪化しないように肉厚のものが使用されるようになった。
また、銃身の固定方法も、かつての歩兵銃では銃口近くのフロントバンドやハンドガード、機関部など複数箇所で固定されて銃身が外的要因で変形しやすいものだったが、現在では機関部の一点のみで固定されてそれ以外の部位が銃床などに触れない(=銃身を曲げる力が掛からない)よう設計されることが一般的である。

  • 猟銃
ボルトアクション式の猟銃は信頼性が高く、機関部が壊れなければどんな弾でも発砲できるという特性から長く愛されている。
機関部が丈夫な銃は強力な弾の発射に耐えるため、大物猟では構造が単純で頑丈なボルトアクション式の猟銃の人気は根強い。
狙撃銃や競技銃と違ってこちらは、獲物を追っての中を移動する為に極力軽くなるよう設計されることが一般的で、命中精度や丈夫さも重要だが、他の要素も求められる為に狙撃銃とは設計コンセプトがやや異なる。
一方で例外は、害獣などの待ち撃ち(バーミントハンティング)用で、これは要領が狙撃に似ているので設計思想が狙撃銃に近い。

pixivに投稿された作品 pixivで「ボルトアクションライフル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11269

コメント