ピクシブ百科事典

ドライゼ銃

どらいぜじゅう

世界初のボルトアクション式小銃。

ドライゼ銃とは、最初期のボルトアクション小銃

概要

後装式小銃の歴史は17世紀前後に始まるという説があるが実戦でまとまった数が運用された代表的な事例は18世紀後半のアメリカ独立戦争が最初だと言われている。ファーガソンライフルといわれたそれは、最初期の後装式ライフル小銃ではあったが、雷管を使用した近代小銃なく、火薬とともに薬室に元込めした弾丸を当時のマスケットの主流と同じフリントロック式で打ち出す仕様だった。
それでも天候に左右されず毎分6~7発の間隔で打ち出せたそれは当時としては画期的であり、数さえ揃えば十分英国軍が新大陸の植民地軍に対して優位に立てた可能性はあったとされる。
結果的に言えば、数が揃わなずその上、開発者自身も戦死してしまったことから歴史に埋もれていく。

ドライゼ銃が登場するのはそれから50余年過ぎたころ1836年である。
ヨハン・ニコラウス・フォン・ドライゼによって開発されたその銃は、弾丸・雷管・黒色火薬を紙製の薬莢で一体化させたものを備えたその銃は再装填のし容易さから匍匐前進という画期的な戦術を産み出すことになる。
1866年の普墺戦争などで活躍した本銃はプロイセンの躍進と結果的に各国のボルトアクション小銃の普及を急速な促進をもたらした。

関連タグ

銃器

pixivに投稿された作品 pixivで「ドライゼ銃」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1212

コメント