2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

オリぷよのキャラクターはこちら→リベリア(オリぷよ)

西アフリカの海岸部に位置する国家。北にギニア、西にシエラレオネ、東にコートジボワール。気候は高温多湿。
首都は海岸沿いにあるモンロビア。公用語は英語。

アメリカでかつて奴隷だった黒人達が解放された後に設立された「アメリカ植民地協会」が黒人達のアフリカ帰還運動を開始、その流れで建国され1847年7月26日に独立を宣言。国旗がアメリカのそれによく似ているのは、そういう理由による。
建国の流れで帰還した「アメリコ・ライベリアン」と呼ばれる黒人達と元から住み続けていた部族との軋轢などもあり建国以来内戦が何度か起こっており、現在でも治安は良いとは言えない。リベリアの日本大使館も政情悪化を主理由に閉鎖されたままである(在ガーナ日本大使館が兼轄中)。

大統領をトップとする共和制であり、アフリカ初の民選女性大統領エレン・ジョンソン・サーリーフを生み出した国である。現在の大統領はかつてACミラン等で活躍し「リベリアの怪人」の異名をとった元サッカー選手、ジョージ・ウェア。
建国の経緯からキリスト教徒が多いがイスラム教徒もそれなりの割合でおり、アメリカに由来する政治制度や文化もある。

主要産業は鉄、金などの鉱業。また船舶に関する税金や諸規制等で優遇を図る便宜置籍国としても有名で、リベリア籍の船は今日も世界中の海を数多く航行している。日本が世界一の造船大国だった1970年代、この一般的に馴染みも知名度もないアフリカの小国が超大国アメリカに次ぐ(といっても流石に大差をつけられての)貿易輸出額ランキング第二位を記録したこともある(勿論書類上のそれであり、実際の売り先は欧米等の有力船主や船会社だが)。

関連タグ

アフリカ 

関連キャラクター

雷電(メタルギアシリーズ)

関連記事

親記事

アフリカ あふりか

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4961

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました