ピクシブ百科事典

レオパルト1

れおぱるとあいんつ

かつて西ドイツが開発した第二世代主力戦車。
目次[非表示]

概要

第二次世界大戦後、西ドイツが開発を再開した初の戦車である(東ドイツは独自開発が禁止されていたためチェコスロバキアソ連製の戦車のみだった)。
開発は1956年に開始され、105mmライフル砲を搭載し、NBC戦に対応した30t級の戦車として開発がすすめられた。
一時はフランス、イタリアとの共同開発だったが、各国の事情により計画は断念され、最終的に西ドイツの単独開発に戻っている。
1964年から生産が始まり、部隊への配備は1965年から進められた。2003年をもって全車退役している。

採用国

開発国の西ドイツ(現ドイツ連邦)を始め、ベルギーオランダデンマークノルウェーギリシャイタリアトルコのヨーロッパ各国に加え、チリブラジルレバノン、さらには英連邦のカナダオーストラリアにも採用された。

関連タグ

レオパルト2 MBT 第二世代MBT

pixivに投稿された作品 pixivで「レオパルト1」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18335

コメント