ピクシブ百科事典

ゲパルト

げぱると

レオパルド1型の車体に、35mm機銃2門とレーダー2基を備える砲塔を組み合わせた対空戦車。1965年から開発され、1973年より配備が始まった。ドイツ以外にもオランダやベルギー、ルーマニアで採用された。本国では2010年に全車が退役している。
目次[非表示]

対空戦車の後継者

M42「ダスター」自走高射砲

この車両は1950年代初期に開発され、車体にはM41戦車のものを利用している。wikiでは「M42は朝鮮戦争の戦訓から、新型自走式対空砲の必要性を感じたアメリカ陸軍によって1952年に開発され・・・」とあるが、朝鮮戦争では航空戦そのものが低調だったので、本気で自走高射砲を欲していたのかはわからない。
(数少ないIl-10の防御力に驚嘆したのかもしれないが)

実際にベトナム戦争では地上目標への水平射撃が恐れられていたようで、照準はもっぱら目視に頼ってた事もあって超音速ジェット機への対抗には疑問があったようだ。(目標が速すぎて射撃が追いつかない)

ゲパルトの登場

そこで求められたのが「レーダーと射撃コンピュータを備え、正確無比な射撃が可能な対空戦車」である。このゲパルトでは目標捜索用レーダー(砲塔後ろ)と追尾・照準レーダー(砲塔前)と二つのレーダーを備え、ZSU-23-4では不可能だった「射撃しながら次の目標を探す」といった使い方が可能になった。

主砲にも当時最新鋭の35mm機銃エリコンKDAを採用しており、この射程距離は初期の対戦車ミサイルの射程をも上回っていた。生み出される弾幕も濃厚そのもので、この弾幕を突っ切る時は良くても被弾は覚悟しなけらばならない。

照準はレーダー照準なので、悪天候・夜間といった視界の利かない時でも有効、さらに35mm機銃は1発の威力も高いので、命中は即致命傷を意味していた。ゲパルトの脅威は戦車部隊の安全を確保し、思う存分に活躍させるための立役者だったのである。

冷戦終結

第二次世界大戦のように戦車部隊に随伴し、空襲に対応するためのゲパルトだったのだが、必要とされるときはとうとう訪れなかった。冷戦が終結し、ソビエトが大戦車軍団を率いて侵攻してくる恐れは無くなってしまったのだ。

こうして陸軍戦車部隊からあぶれてしまうゲパルトだったが、それでも「攻撃機はもちろん、戦闘ヘリにも重大な脅威である」との意見は強かった。しかし兵器の発展は目覚しく、当初こそミサイルの射程を上回っていた30mmKDAも、次第に見劣りするようになってしまった。

そこで開発されたのが、歩兵用対空ミサイルFIM-92「スティンガー」を追加する増加装備である。これは射程こそ約5kmと大差ないが、撃ったら直進するだけの砲弾と違って自分で敵に方向転換することができる。つまり長距離になればなるほど有効な攻撃手段というわけで、ゲパルトによる対空防御力はより高くなっている。

そして現在へ

ドイツでは資金難により、脅威度の低い対空戦車部隊は解隊されている。
またレーダーを2基装備し、これが意外に高価な事や、思ったほど軽量・小型に仕上がらない事も短所である。

いまや対空機銃の射程より、ミサイルの射程のほうが長いことも対空戦車の有効性に疑問を持たせる要因になっている。このゲパルトで分かっているように守備範囲はせいぜい5kmであり、対して現在の対戦車ミサイルの射程は9kmにもおよぶ(AGM-114Lの場合)。

複雑・高価で、さらに有効性にも疑問の余地アリというわけで、現在この手の車両は新規開発そのものも低調なのである。

pixivに投稿された作品 pixivで「ゲパルト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7931

コメント