ピクシブ百科事典

ZSU-23-4

ずーすふたさんのよん

ソビエトで開発された自走高射砲(対空戦車)で、PT-76水陸両用戦車の車体にレーダーつき23mm機銃の砲塔をのせている。その火力は航空機にとって悪夢以外の何者でもなく、アフガン侵攻で初登場して以来は脅威でありつづけている。「シルカ」とは、アムール川にそそぐ川の名前で、他の川と合流してオホーツク海へと流れこんでいる。
目次[非表示]

ZSU-57-2の後継

1958年から開発が始まった自走対空砲(対空戦車)で、ソビエトでは初めて目標捜索・照準にレーダーを装備した車両である。1965年のパレードで初めてお披露目され、以来さまざまな戦場で空を睨みつづけている。

「ズース」の欠点

レーダー装備の対空戦車としては初期のモデルで、のちのゲパルト等に比べると見劣りがする点もある。

例えば「レーダーを一つしか装備していない」という点である。
目標追尾・照準モードにすると、他の目標を探すことが出来ないのだ。

もうひとつは「機銃の冷却が弱い」。
普段使う分には問題にならないが、あまり忙しなく射撃すると焼きついてしまう欠点がある。

ただし・・・

実のところ、こういった欠点は「今だから言えること」であり、当時としては致し方ない欠点でもあった。

wikiでは『23mm機銃は4連装でも、実は1門または2門ずつの交互射撃が標準』という事が書いてあるが、こういった連装式対空機銃では弾幕を切らさないように1~2門だけ同時に射撃するのが普通である。

残りは冷却と再装填にあて、全同時射撃というのは非常の際だけに限られていた。
これはドイツの4連装20mmFLAK(もちろんヴィルベルヴィントでも)や、日本海軍の3連装25mm対空砲にも共通することである。

現在のZSU-23-4

今なお現役で活躍している。これは後継の配備が中々進まないという事実が大きく、とくにレーダーを装備する点が価格高騰を招いている。
(これは日本の87式自走高射機関砲にも共通)

来襲する敵攻撃機に対しては、なによりも弾幕をはって追い払うのが主目的の対空戦車なのだが、数が揃わなければ脅威はダダ下がりであり、これがさらに有効性に疑問をかけている。

アフガニスタン侵攻では

アフガン侵攻では、ムジャヒディン達を向こうにまわして大活躍している。
といっても、別に攻撃機戦闘ヘリを撃墜しまくった訳ではない。

23mm機銃を水平に(もしくは上に)向けて、23mm機銃をお見舞いしたのだ。
もちろんこういった目的でもZSU-23-4は大活躍しており、小銃を受け付けない装甲とあいまって威力を発揮した。

ZSU-23-4の装甲

実は前面でも10mm程度であり、これが12.7mmクラスの機関銃になると防御できない。
ただ、12.7mm機銃の持ち運びは非常に不便になり、この程度の装甲でもそれなりに有意義だった。

だが、兵器を前線で使えば、何らかの方法で敵の手に渡るのは当然である。
ムジャヒディン達はRPG-7を分捕り、今度は元の持ち主に向かって使用した。
10mmの装甲では防げるわけもなく、こうして撃破されたZSU-23-4はかなりの数に上ったという。

pixivに投稿された作品 pixivで「ZSU-23-4」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 44049

コメント