ピクシブ百科事典

87式自走高射機関砲

はなちななしきじそうこうしゃきかんほう

日本製の自走対空砲である。

概要

1970年代、陸上自衛隊(以下:陸自)では運用中であった自走対空砲の旧式化が進んでいた。
当時運用していた自走対空砲は有視界照準タイプのものであった。しかしコレではジェットエンジンを搭載した航空機への攻撃は困難であり、陸自ではより高性能な対空火器の導入が求められることとなった。

当時の西ドイツに配備されたゲパルト自走対空砲の性能が防衛庁の目に止まり、陸自への導入を計画した。

ゲパルトはレーダーとコンピューター式射撃管制装置を搭載した自走対空砲であり、当時のNATO戦力の中でワルシャワ条約機構軍の航空戦力に立ち向かうには、一番優秀な自走対空砲といえた。

日本もソビエトや中国との戦闘時に侵入する敵航空戦力を撃墜するために求められる装備として1978年から開発が始まった。当初は完成した対空砲システムを国産の61式戦車の車体シャーシを流用したものを用いる予定であったが、試作を作った際に61式の車体に対して砲塔が過大だったことが影響し、74式戦車の車体を拡大した新造車体に変更して、試作車両が1983年に完成、各種テストの結果1987年に制式化された。

武装はスイスのエリコン社が開発したKD 35mm高射機関砲であり、電装品は三菱電機が開発した。

1987年度から調達が開始されたが、1両約14億円という高価格が災いし、調達数は毎年1・2両程度に留まった。調達数も終了年の2002年度までにわずか52両である。

関連タグ

対空砲

pixivに投稿された作品 pixivで「87式自走高射機関砲」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4152

コメント